3.5. 管理 API

3.5.1. HTTP API

HTTP API のエンドポイントは、HTTP プロトコルに依存して JBoss EAP 管理レイヤーと統合する管理クライアントのエントリーポイントです。

HTTP API は、JBoss EAP 管理コンソールによって使用されますが、他のクライアントの統合機能も提供します。デフォルトでは、http://HOST_NAME:9990/management で HTTP API にアクセスできます。この URL は、API に公開される raw 属性および値を表示します。

リソースの読み取り

HTTP POST メソッドを使用して他の操作を読み取り、書き込み、および実行できますが、GET リクエストを使用すると一部の読み取り操作を実行できます。HTTP GET メソッドは以下の URL 形式を使用します。

http://HOST_NAME:9990/management/PATH_TO_RESOURCE?operation=OPERATION&PARAMETER=VALUE

置き換え可能な値は必ず適切な値に置き換えてください。置き換え可能な OPERATION の値は、以下の値に置き換えられます。

Value説明

attribute

read-attribute 操作を実行します。

operation-description

read-operation-description 操作を実行します。

operation-names

read-operation-names 操作を実行します。

resource

read-resource 操作を実行します。

resource-description

read-resource-description 操作を実行します。

snapshots

list-snapshots 操作を実行します。

以下の URL 例は、HTTP API を使用して読み取り操作を実行する方法を示しています。

例: リソースに対するすべての属性および値の読み取り

http://HOST_NAME:9990/management/subsystem/undertow/server/default-server/http-listener/default

これは、default HTTP リスナーのすべての属性とそれらの値を表示します。

注記

デフォルトの操作は read-resource です。

例: リソースに対する属性の値の読み取り

http://HOST_NAME:9990/management/subsystem/datasources/data-source/ExampleDS?operation=attribute&name=enabled

これは、ExampleDS データソースの enabled 属性の値を読み取ります。

リソースの更新

HTTP POST メソッドを使用して設定値を更新するか、HTTP API を使用して他の操作を実行できます。これらの操作の認証を提供する必要があります。

以下の例は、HTTP API を使用してリソースを更新する方法を示しています。

例: リソースに対する属性の値の更新

$ curl --digest http://HOST_NAME:9990/management --header "Content-Type: application/json" -u USERNAME:PASSWORD -d '{"operation":"write-attribute", "address":["subsystem","datasources","data-source","ExampleDS"], "name":"enabled", "value":"false", "json.pretty":"1"}'

これは、ExampleDS データソースの enabled 属性の値を false に更新します。

例: サーバーに対する操作の実行

$ curl --digest http://localhost:9990/management --header "Content-Type: application/json" -u USERNAME:PASSWORD -d '{"operation":"reload"}'

これは、サーバーをリロードします。

HTTP API を使用して JBoss EAP にアプリケーションをデプロイする方法については、「HTTP API を使用したアプリケーションのデプロイ」を参照してください