8.6. 管理対象ドメインの設定

8.6.1. 1 台のマシンで管理対象ドメインを設定

jboss.domain.base.dir プロパティーを使用すると 1台のマシンで複数のホストコントローラーを実行できます。

重要

複数の JBoss EAP ホストコントローラーを 1 台のマシン上でシステムサービスとして設定することはサポートされません。

  1. ドメインコントローラーの EAP_HOME/domain ディレクトリーをコピーします。

    $ cp -r EAP_HOME/domain /path/to/domain1
  2. ホストコントローラーの EAP_HOME/domain ディレクトリーをコピーします。

    $ cp -r EAP_HOME/domain /path/to/host1
  3. /path/to/domain1 を使用してドメインコントローラーを起動します。

    $ EAP_HOME/bin/domain.sh --host-config=host-master.xml -Djboss.domain.base.dir=/path/to/domain1
  4. /path/to/host1 を使用してホストコントローラーを起動します。

    $ EAP_HOME/bin/domain.sh --host-config=host-slave.xml -Djboss.domain.base.dir=/path/to/host1 -Djboss.domain.master.address=IP_ADDRESS -Djboss.management.http.port=PORT
    注記

    ホストコントローラーの起動時に、jboss.domain.master.address プロパティーを使用してドメインコントローラーのアドレスを指定する必要があります。

    さらに、このホストコントローラーはドメインコントローラーと同じマシンで実行されているため、ドメインコントローラーの管理インターフェースと競合しないように管理インターフェースを変更する必要があります。このコマンドは jboss.management.http.port プロパティーを設定します。

このように起動された各インスタンスは、ベースインストールディレクトリー (例: EAP_HOME/modules/) のその他のリソースを共有しますが、jboss.domain.base.dir によって指定されたディレクトリーからドメイン設定を使用します。