第10章 Mail サブシステム

10.1. Mail サブシステムの設定

mail サブシステムを使用すると、JBoss EAP でメールセッションを設定でき、JNDI を使用してこれらのセッションをアプリケーションにインジェクトできます。また、Jakarta EE の @MailSessionDefinition および @MailSessionDefinitions アノテーションを使用する設定もサポートします。

アプリケーションで使用する SMTP サーバーの設定

  1. 以下の CLI コマンドを使用して SMTP サーバーとアウトバウンドソケットバインディングを設定します。

    /socket-binding-group=standard-sockets/remote-destination-outbound-socket-binding=my-smtp:add(host=localhost, port=25)
    /subsystem=mail/mail-session=mySession:add(jndi-name=java:jboss/mail/MySession)
    /subsystem=mail/mail-session=mySession/server=smtp:add(outbound-socket-binding-ref=my-smtp, username=user, password=pass, tls=true)
  2. アプリケーション内で設定されたメールセッションを呼び出します。

    @Resource(lookup="java:jboss/mail/MySession")
    private Session session;

メールセッションおよびサーバーの設定で使用できる属性の完全リストは「Mail サブシステムの属性」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。