11.3.5. ログフォーマッター

フォーマッターはログメッセージのフォーマットに使用されます。named-formatter 属性を使用するとフォーマッターをログハンドラーに割り当てできます。ログハンドラー設定の詳細は「ログハンドラーの設定」を参照してください。

logging サブシステムには 4 種類のフォーマッターが含まれます。

パターンフォーマッター

パターンフォーマッターは、ログメッセージをプレーンテキストでフォーマットするために使用されます。ログハンドラーの named-formatter 属性としてフォーマットを使用する他に、あらかじめフォーマッターリソースを作成する必要なく formatter 属性として使用することもできます。パターン構文に関する詳細は「パターンフォーマッターのフォーマット文字」を参照してください。

パターンフォーマッターの設定方法は「パターンフォーマッターの設定」を参照してください。

JSON フォーマッター

JSON フォーマッターは、ログメッセージを JSON 形式でフォーマットするために使用されます。

JSON フォーマッターの設定方法は「JSON フォーマッターの設定」を参照してください。

XML フォーマッター

XML ログフォーマッターは、ログメッセージを XML 形式でフォーマットするために使用されます。

XML フォーマッターの設定方法は「XML フォーマッターの設定」を参照してください。

カスタムフォーマッター

ハンドラーと使用するカスタムフォーマッターです。ほとんどのログレコードは printf 形式でフォーマットされることに注意してください。メッセージを適切にフォーマットするには、org.jboss.logmanager.ExtLogRecord#getFormattedMessage() の呼び出しが必要になることがあります。

カスタムログフォーマッターの設定方法は「カスタムログフォーマッターの設定」を参照してください。