11.3.2. ログカテゴリー

ログカテゴリーは、キャプチャーするログメッセージのセットと、メッセージを処理する 1 つ以上のログハンドラーを定義します。

キャプチャーするログメッセージは、指定された元の Java パッケージとログレベルによって定義されます。そのパッケージのクラスおよびそのログレベル以上のメッセージがログカテゴリーによってキャプチャーされ、指定のログハンドラーに送信されます。

注記

通常、ログカテゴリーは Java パッケージとクラス名ですが、Logger.getLogger(LOGGER_NAME) メソッドによって指定された名前をすべて使用できます。

ログカテゴリーは、独自のハンドラーの代わりにルートロガーのログハンドラーを任意で使用することができます。

詳細は「ログカテゴリーの設定」を参照してください。