8.3. 管理対象ドメインの起動

8.3.1. 管理対象ドメインの起動

ドメインおよびホストコントローラーは、JBoss EAP に同梱される domain.sh または domain.bat スクリプトを使用して起動できます。使用できる起動スクリプトの引数の完全リストとそれら引数の目的については、--help 引数を使用するか、「サーバーランタイム引数」を参照してください。

ドメイン内のサーバーグループのスレーブサーバーを起動する前にドメインコントローラーを起動する必要があります。最初にドメインコントローラーを起動した後、ドメイン内の関連する他のホストコントローラーを起動します。

ドメインコントローラーの起動

専用のドメインコントローラー向けに事前設定された host-master.xml 設定ファイルを使用してドメインコントローラーを起動します。

$ EAP_HOME/bin/domain.sh --host-config=host-master.xml

ドメインの設定に応じて、ホストコントローラーの接続を可能にするために設定を追加する必要があります。また、以下のドメイン設定例を参照してください。

ホストコントローラーの起動

スレーブホストコントローラー向けに事前設定された host-slave.xml 設定ファイルを使用してホストコントローラーを起動します。

$ EAP_HOME/bin/domain.sh  --host-config=host-slave.xml

ドメインの設定に応じて、ドメインコントローラーへ接続し、ドメインコントローラーとの競合を回避するために設定を追加する必要があります。また、以下のドメイン設定例を参照してください。

8.3.2. ドメインコントローラーの設定

ドメイン内のホストをドメインコントローラーとして設定する必要があります。

重要

RPM インストールで JBoss EAP をインストールした場合、複数のドメインまたはホストコントローラーを同じマシン上に設定することはサポートされません。

<domain-controller> 宣言に <local/> 要素を追加 て、ホストをドメインコントローラー として設定します。<domain-controller> には他のコンテンツを含めないでください。

<domain-controller>
  <local/>
</domain-controller>

ドメインコントローラーとして動作するホストは、ドメインの他のホストがアクセスできる管理インターフェースを公開する必要があります。HTTP インターフェースは標準の管理インターフェースです。

<management-interfaces>
  <http-interface security-realm="ManagementRealm" http-upgrade-enabled="true">
    <socket interface="management" port="${jboss.management.http.port:9990}"/>
  </http-interface>
</management-interfaces>

最小のドメインコントローラー設定ファイルの例 (EAP_HOME/domain/configuration/host-master.xml) には、以下の設定が含まれます。

8.3.3. ホストコントローラーの設定

ホストコントローラー自体をドメインに登録するようにホストコントローラーを設定する必要があります。

重要

RPM インストールで JBoss EAP をインストールした場合、複数のドメインまたはホストコントローラーを同じマシン上に設定することはサポートされません。

設定の <domain-controller> 要素を使用して、ドメインコントローラーへの接続を設定します。

<domain-controller>
  <remote security-realm="ManagementRealm">
    <discovery-options>
      <static-discovery name="primary" protocol="${jboss.domain.master.protocol:remote}" host="${jboss.domain.master.address}" port="${jboss.domain.master.port:9990}"/>
    </discovery-options>
  </remote>
</domain-controller>

最小のホストコントローラー設定ファイルのサンプル EAP_HOME/domain/configuration/host-slave.xml には、ドメインコントローラーに接続する設定が含まれています。この設定は、ホストコントローラーの起動時に jboss.domain.master.address プロパティーを指定するものと想定しています。

$ EAP_HOME/bin/domain.sh --host-config=host-slave.xml -Djboss.domain.master.address=IP_ADDRESS

ドメインコントローラーの検出に関する詳細は、「ドメインコントローラーの検出およびフェイルオーバー」の項を参照してください。

ドメインの設定によっては、認証を提供して、ホストコントローラーがドメインコントローラーによって認証されるようにする必要がある場合があります。管理ユーザーと秘密の値の生成や、その値を用いたホストコントローラー設定の更新に関する詳細は、「2 台のマシンで管理対象ドメインを設定」を参照してください。

8.3.4. ホスト名の設定

管理対象ドメインで実行されている各ホストには一意な名前を付ける必要があります。管理を容易にし、複数のホストで同じホスト設定ファイルを使用できるようにするために、以下の優先順位を用いてホスト名が決定されます。

  1. 設定されている場合、host.xml 設定ファイルのホスト要素名属性。
  2. jboss.host.name システムプロパティーの値。
  3. jboss.qualified.host.name システムプロパティーの最後のピリオド (.) の後に続く値。 最後のピリオド (.) がない場合は全体の値。
  4. POSIX ベースのオペレーティングシステムでは、HOSTNAME 環境変数のピリオド (.) の後に続く値。 Microsoft Windows では COMPUTERNAME 環境変数のピリオド (.) の後に続く値。 最後のピリオドがない場合は、全体の値。

関連する host.xml 設定ファイルの上部にある host 要素に設定されたホストコントローラーの名前。 例は次のとおり。

<host xmlns="urn:jboss:domain:8.0" name="host1">

以下の手順に従って、管理 CLI を使用してホスト名を更新します。

  1. JBoss EAP ホストコントローラーを起動します。

    $ EAP_HOME/bin/domain.sh --host-config=host-slave.xml
  2. 管理 CLI を起動し、ドメインコントローラーに接続します。

    $ EAP_HOME/bin/jboss-cli.sh --connect --controller=DOMAIN_CONTROLLER_IP_ADDRESS
  3. 以下のコマンドを実行して新しいホスト名を設定します。

    /host=EXISTING_HOST_NAME:write-attribute(name=name,value=NEW_HOST_NAME)

    これにより、host-slave.xml ファイルのホスト名属性が以下のように変更されます。

    <host name="NEW_HOST_NAME" xmlns="urn:jboss:domain:8.0">
  4. 変更を反映するためにホストコントローラーをリロードします。

    reload --host=EXISTING_HOST_NAME

ホストコントローラーの名前が設定ファイルに設定されていない場合は、起動時にホスト名を渡すこともできます。

$ EAP_HOME/bin/domain.sh --host-config=host-slave.xml  -Djboss.host.name=HOST_NAME

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。