4.3. IPv6 アドレス

デフォルトでは、JBoss EAP は IPv4 アドレスを使用して実行するように設定されます。以下の手順では、IPv6 アドレスを使用して実行するよう JBoss EAP を設定する方法を示します。

IPv6 アドレスの JVM スタックの設定

IPv6 アドレスを優先するように、起動設定を更新します。

  1. 起動設定ファイルを開きます。

    • スタンドアロンサーバーとして実行している場合は、EAP_HOME/bin/standalone.conf ファイル (Windows Server の場合は standalone.conf.bat) を編集します。
    • 管理対象ドメインで実行している場合は、EAP_HOME/bin/domain.conf ファイル (Windows Server の場合は domain.conf.bat) を編集します。
  2. java.net.preferIPv4Stack プロパティーを false に設定します。

    -Djava.net.preferIPv4Stack=false
  3. java.net.preferIPv6Addresses プロパティーを追加し、true に設定します。

    -Djava.net.preferIPv6Addresses=true

以下の例は、上記の変更を行った後に起動設定ファイルの JVM オプションがどのようになるかを示しています。

# Specify options to pass to the Java VM.
#
if [ "x$JAVA_OPTS" = "x" ]; then
   JAVA_OPTS="-Xms1303m -Xmx1303m -Djava.net.preferIPv4Stack=false"
   JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -Djboss.modules.system.pkgs=$JBOSS_MODULES_SYSTEM_PKGS -Djava.awt.headless=true"
   JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -Djava.net.preferIPv6Addresses=true"
else

IPv6 アドレスのインターフェース宣言の更新

設定のデフォルトのインターフェース値は、IPv6 アドレスに変更できます。たとえば、以下の管理 CLI コマンドは management インターフェースを IPv6 ループバックアドレス (::1) に設定します。

/interface=management:write-attribute(name=inet-address,value="${jboss.bind.address.management:[::1]}")

以下の例は、上記のコマンド実行後に XML 設定がどのようになるかを示しています。

<interfaces>
    <interface name="management">
        <inet-address value="${jboss.bind.address.management:[::1]}"/>
    </interface>
    ....
</interfaces>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。