12.2.2. JDBC ドライバーの JAR デプロイメントとしてのインストール

管理 CLI または管理コンソールを使用して JDBC ドライバーを JAR デプロイメントとしてインストールできます。JDBC 4 に対応するドライバーは、自動的に認識され、デプロイメント時に JDBC ドライバーとしてインストールされます。

以下の手順は、管理 CLI を使用した JDBC ドライバーのインストール方法になります。

注記

JDBC ドライバーをコアモジュールとしてインストールする方法が推奨されます。

  1. JDBC ドライバーをダウンロードします。

    データベースのベンダーから適切な JDBC ドライバーをダウンロードします。一般的なデータベースの JDBC ドライバーをダウンロードできる場所については、「JDBC ドライバーのダウンロードできる場所」を参照してください。

    JDBC ドライバーの JAR ファイルが ZIP または TAR アーカイブ内に含まれている場合は、必ずそのアーカイブを展開してください。

  2. JDBC ドライバーが JDBC 4 に対応していない場合は、「JDBC ドライバー JAR を JDBC 4 対応に更新」の手順を参照してください。
  3. JAR を JBoss EAP にデプロイします。

    deploy PATH_TO_JDBC_JAR
    注記

    管理対象ドメインでは、適切なサーバーグループを指定します。

    たとえば、以下のコマンドは MySQL JDBC ドライバーをデプロイします。

    deploy /path/to/mysql-connector-java-8.0.12.jar

    JBoss EAP サーバーログにメッセージが表示され、データソースを定義するときに使用されるデプロイされたドライバーの名前が表示されます。

    WFLYJCA0018: Started Driver service with driver-name = mysql-connector-java-8.0.12.jar

アプリケーションのデータソースが JDBC ドライバーを参照できる状態になります。

JDBC ドライバー JAR を JDBC 4 対応に更新

JDBC ドライバー JAR が JDBC 4 に対応していない場合、以下の手順に従ってデプロイ可能にすることができます。

  1. 空の一時ディレクトリーを作成します。
  2. META-INF サブディレクトリーを作成します。
  3. META-INF/services サブディレクトリーを作成します。
  4. META-INF/services/java.sql.Driver ファイルを作成し、JDBC ドライバーの完全修飾クラス名を示す 1 行を追加します。

    たとえば、MySQL JDBC ドライバーでは以下の行を追加します。

    com.mysql.cj.jdbc.Driver
  5. JAR コマンドラインツールを使用して、この新しいファイルを JAR に追加します。

    jar \-uf jdbc-driver.jar META-INF/services/java.sql.Driver