8.3.3. ホストコントローラーの設定

ホストコントローラー自体をドメインに登録するようにホストコントローラーを設定する必要があります。

重要

RPM インストールで JBoss EAP をインストールした場合、複数のドメインまたはホストコントローラーを同じマシン上に設定することはサポートされません。

設定の <domain-controller> 要素を使用して、ドメインコントローラーへの接続を設定します。

<domain-controller>
  <remote security-realm="ManagementRealm">
    <discovery-options>
      <static-discovery name="primary" protocol="${jboss.domain.master.protocol:remote}" host="${jboss.domain.master.address}" port="${jboss.domain.master.port:9990}"/>
    </discovery-options>
  </remote>
</domain-controller>

最小のホストコントローラー設定ファイルのサンプル EAP_HOME/domain/configuration/host-slave.xml には、ドメインコントローラーに接続する設定が含まれています。この設定は、ホストコントローラーの起動時に jboss.domain.master.address プロパティーを指定するものと想定しています。

$ EAP_HOME/bin/domain.sh --host-config=host-slave.xml -Djboss.domain.master.address=IP_ADDRESS

ドメインコントローラーの検出に関する詳細は、「ドメインコントローラーの検出およびフェイルオーバー」の項を参照してください。

ドメインの設定によっては、認証を提供して、ホストコントローラーがドメインコントローラーによって認証されるようにする必要がある場合があります。管理ユーザーと秘密の値の生成や、その値を用いたホストコントローラー設定の更新に関する詳細は、「2 台のマシンで管理対象ドメインを設定」を参照してください。