25.4.4. HTTP エンドポイントの認証の有効化

metroics コンテキストおよびすべてのサブコンテキストは、コンテキストのアクセスにユーザー許可を必須にするように設定できます。以下の手順は、このエンドポイントで認証を有効にします。

  1. microprofile-metrics-smallrye サブシステムで security-enabled 属性を true に設定します。

    /subsystem=microprofile-metrics-smallrye:write-attribute(name=security-enabled,value=true)
  2. 変更を反映するためにサーバーをリロードします。

    reload

サブシステムが metrics エンドポイントにアクセスを試みると、認証プロンプトが表示されるようになりました。