第23章 Naming サブシステムの設定

23.1. Naming サブシステム

naming サブシステムは JBoss EAP のJNDI 実装を提供します。このサブシステムを設定して、グローバル JNDI 名前空間のエントリーをバインドすることができます。さらに、このサブシステムを設定してリモート JNDI をアクティブまたは非アクティブにすることもできます。

以下は、すべての要素と属性が指定された naming サブシステムの XML 設定例になります。

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:naming:2.0">
    <bindings>
        <simple name="java:global/simple-integer-binding" value="100" type="int" />
        <simple name="java:global/jboss.org/docs/url" value="https://docs.jboss.org" type="java.net.URL" />
        <object-factory name="java:global/foo/bar/factory" module="org.foo.bar" class="org.foo.bar.ObjectFactory" />
        <external-context name="java:global/federation/ldap/example" class="javax.naming.directory.InitialDirContext" cache="true">
            <environment>
                <property name="java.naming.factory.initial" value="com.sun.jndi.ldap.LdapCtxFactory" />
                <property name="java.naming.provider.url" value="ldap://ldap.example.com:389" />
                <property name="java.naming.security.authentication" value="simple" />
                <property name="java.naming.security.principal" value="uid=admin,ou=system" />
                <property name="java.naming.security.credentials" value="secret" />
            </environment>
        </external-context>
        <lookup name="java:global/new-alias-name" lookup="java:global/original-name" />
    </bindings>
    <remote-naming/>
</subsystem>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。