第18章 リモーティングの設定

18.1. Remoting サブシステム

remoting サブシステムは、ローカルおよびリモートサービスのインバウンドおよびアウトバウンド接続の設定を可能にします。

JBoss Remoting には、設定可能な要素としてエンドポイント、コネクター、複数のローカルおよびリモート接続 URI が含まれます。独自のアプリケーションにカスタムコネクターを使用する場合を除き、remoting のサブシステムの設定は必要でないことがほとんどです。EJB などの、リモーティングクライアントとして動作するアプリケーションには特定のコネクターに接続するための別の設定が必要になります。

Remoting サブシステムのデフォルト設定

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:remoting:4.0">
    <endpoint/>
    <http-connector name="http-remoting-connector" connector-ref="default" security-realm="ApplicationRealm"/>
</subsystem>

remoting サブシステムで使用できる属性の完全リストは、「Remoting サブシステムの属性」を参照してください。

リモーティングエンドポイント

リモーティングエンドポイントは、io サブシステムによって宣言および設定される XNIO ワーカーを使用します。

リモーティングエンドポイントの設定方法の詳細は、「エンドポイントの設定」を参照してください。

コネクター

コネクターは主なリモーティング設定要素です。複数のコネクターを設定できます。各コネクターは、複数のサブ要素を持つ <connector> 要素とその他の属性で構成されます。デフォルトのコネクターは複数の JBoss EAP サブシステムによって使用されます。カスタムコネクターの要素と属性の設定は、アプリケーションによって異なります。詳細は Red Hat グローバルサポートサービスまでお問い合わせください。

コネクターの設定方法の詳細は、「コネクターの設定」を参照してください。

送信接続

3 つのタイプのアウトバウンド接続を指定することができます。

追加設定

リモーティングは、ネットワークインターフェースや IO ワーカーなどの remoting サブシステム外部で設定された複数の要素に依存します。

詳細は、「リモーティングの追加設定」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。