24.3.8. リモートキャッシュコンテナーの設定

管理対象ドメインのすべてのサーバーグループにリモートキャッシュを設定する必要があります。指定された remote-cache-container のメトリクスのコレクションと関連するランタイムキャッシュを statistics-enabled 属性で有効にできます。

24.3.8.1. リモートキャッシュコンテナーの作成

管理対象ドメインの各サーバーグループには、一意のリモートキャッシュが必要です。このキャッシュは、同じデータグリッドに所属することができます。そのため、ユーザーは、サーバーグループのソケットバインディングを定義し、ソケットバインディングをリモートキャッシュコンテナーに関連付けることにより、すべてのサーバーグループのリモートキャッシュを設定する必要があります。

手順

  1. socket-binding を定義します。 クラスターの各リモート Red Hat Data Grid インスタンスの必要に応じて、コマンドを繰り返し実行します。

    /socket-binding-group=standard-sockets/remote-destination-outbound-socket-binding=SOCKET_BINDING:add(host=HOSTNAME,port=PORT)
  2. 新規作成されたソケットバインディングを参照する remote-cache-container を定義します。

    batch
    /subsystem=infinispan/remote-cache-container=CACHE_CONTAINER:add(default-remote-cluster=data-grid-cluster)
    /subsystem=infinispan/remote-cache-container=CACHE_CONTAINER/remote-cluster=data-grid-cluster:add(socket-bindings=[SOCKET_BINDING,SOCKET_BINDING_2,...])
    run-batch