第9章 JVM の設定

Java Virtual Machine (JVM) の設定は、スタンドアロンの JBoss EAP サーバーと管理対象ドメインの JBoss EAP サーバーでは異なります。

スタンドアロン JBoss EAP サーバーインスタンスでは、起動時にサーバー起動プロセスが JVM 設定を JBoss EAP サーバーに渡します。これは、JBoss EAP を起動する前にコマンドラインから宣言できます。 また、管理コンソールの Configuration にある System Properties 画面を使用して宣言することもできます。

管理対象ドメインでは、JVM の設定は host.xml および domain.xml 設定ファイルで宣言され、ホスト、サーバーグループ、またはサーバーレベルで設定できます。

注記

システムプロパティーは、起動中に JBoss EAP モジュール (ロギングマネージャーなど) が使用する JAVA_OPTS で設定する必要があります。

9.1. スタンドアロンサーバーの JVM 設定

スタンドアロン JBoss EAP サーバーインスタンスの JVM 設定は、サーバーの起動前に JAVA_OPTS 環境変数を設定すると、起動時に宣言できます。

Linux で JAVA_OPTS 環境変数を設定する例は次のとおりです。

$ export JAVA_OPTS="-Xmx1024M"

Microsoft Windows 環境でも同じ設定を使用できます。

set JAVA_OPTS="Xmx1024M"

この代わりに、JVM に渡すオプションの例が含まれる EAP_HOME/bin フォルダーの standalone.conf ファイル (Windows Server の場合は standalone.conf.bat) に JVM 設定を追加することもできます。

警告

JAVA_OPTS 環境変数を設定すると、standalone.conf からのデフォルト値がオーバーライドされるため、JBoss EAP の起動に問題が発生する可能性があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。