11.5.6. Syslog ハンドラーの設定

ここでは、管理 CLI を使用して Syslog ハンドラーを設定する方法を説明します。Syslog ハンドラーを使用すると、Syslog プロトコル (RFC-3164 または RFC-5424) をサポートするリモートロギングサーバーにメッセージを送信できます。管理コンソールでは、ConfigurationSubsystemsLoggingConfiguration と選択し、表示 をクリックして HandlerSyslog Handler と選択すると、Syslog ハンドラーを設定することができます。

Syslog ハンドラーを設定するために実行する主なタスクは以下のとおりです。

重要

ロギングプロファイルにこのログハンドラーを設定する場合、コマンドの最初は /subsystem=logging/ ではなく /subsystem=logging/logging-profile=LOGGING_PROFILE_NAME/ になります。

さらに、管理対象ドメインで実行している場合はコマンドの前に /profile=PROFILE_NAME を付けます。

Syslog ハンドラーの追加
/subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:add
Syslog ハンドラーの設定

必要性に応じて、以下の Syslog ハンドラー属性を 1 つ以上設定する必要がある場合があります。利用できる Syslog ハンドラー属性の完全リストと説明は、「Syslog ハンドラーの属性」を参照してください。

  • ハンドラーのログレベルを設定します。デフォルトのレベルは ALL です。利用できるオプションは、「ログレベル」を参照してください。

    /subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:write-attribute(name=level,value=LEVEL)
  • ログに記録するアプリケーションの名前を設定します。デフォルトの名前は java です。

    /subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:write-attribute(name=app-name,value=APP_NAME)
  • Syslog サーバーのアドレスを設定します。デフォルトのアドレスは localhost です。

    /subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:write-attribute(name=server-address,value=SERVER_ADDRESS)
  • syslog サーバーのポートを設定します。デフォルトのポートは 514 です。

    /subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:write-attribute(name=port,value=PORT)
  • RFC 仕様の定義どおりに syslog 形式を設定します。デフォルトの形式は RFC5424 です。

    /subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:write-attribute(name=syslog-format,value=SYSLOG_FORMAT)
  • syslog ペイロードのメッセージをフォーマットするために named-formatter 属性を指定します。

    /subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:write-attribute(name=named-formatter, value=FORMATTER_NAME)
Syslog ハンドラーのロガーへの割り当て

ログハンドラーをアクティブにするには、ロガーに割り当てる必要があります。

以下の管理 CLI コマンドは Syslog ハンドラーをルートロガーに割り当てます。

/subsystem=logging/root-logger=ROOT:add-handler(name=SYSLOG_HANDLER_NAME)

以下の管理 CLI コマンドは、名前が CATEGORY によって指定されるロガーに Syslog ハンドラーを割り当てます。

/subsystem=logging/logger=CATEGORY:add-handler(name=SYSLOG_HANDLER_NAME)
Syslog ハンドラーの削除

ログハンドラーは remove 操作で削除できます。ログハンドラーが現在ロガーまたは Async ログハンドラーに割り当てられている場合は削除できません。

/subsystem=logging/syslog-handler=SYSLOG_HANDLER_NAME:remove