24.2.8. JGroups スレッドプールの設定

jgroups サブシステムには defaultinternaloob、および timer スレッドプールが含まれます。これらのプールはすべての JGroups スタックに設定できます。

以下の表は、各スレッドプールに設定できる属性とデフォルト値を表しています。

スレッドプール名keepalive-timemax-threadsmin-threadsqueue-length

default

60000L

300

20

100

internal

60000L

4

2

100

oob

60000L

300

20

0

timer

5000L

4

2

500

以下の構文を使用して、管理 CLI で JGroups スレッドプールを設定します。

/subsystem=jgroups/stack=STACK_TYPE/transport=TRANSPORT_TYPE/thread-pool=THREAD_POOL_NAME:write-attribute(name=ATTRIBUTE_NAME, value=ATTRIBUTE_VALUE)

以下は、 udp スタックの default スレッドプールで max-threads の値を 500 に設定する管理 CLI コマンドの例になります。

/subsystem=jgroups/stack=udp/transport=UDP/thread-pool=default:write-attribute(name="max-threads", value="500")