9.2.3. JVM 設定の個別のサーバーへの適用

デフォルトでは、個別の JBoss EAP サーバーインスタンスは属するサーバーグループの JVM 設定を継承します。しかし、継承した設定をホストコントローラーからの別の JVM 設定定義でオーバーライドしたり、特定の JVM 設定をオーバーライドすることもできます。

たとえば、以下のコマンドは 前の例で示したサーバーグループの JVM 定義をオーバーライドし、server-one の JVM 設定を default の JVM 定義に設定します。

/host=HOST_NAME/server-config=server-one/jvm=default:add

また、サーバーグループと同様に、サーバーレベルで特定の JVM 設定をオーバーライドすることもできます。たとえば、別のヒープサイズを設定するには、以下のコマンドを使用できます。

/host=HOST_NAME/server-config=server-one/jvm=default:write-attribute(name=heap-size,value="1024m")

使用できるすべてのオプションの説明は「管理対象ドメインの JVM 設定属性」を参照してください。

また、JBoss EAP 管理コンソールでサーバー JVM 設定を作成編集するには、RuntimeHosts と選択し、ホストを選択して 表示 をサーバー上でクリックし、JVMs タブを選択します。

各サーバーのこれらの設定は host.xml に保存されます。