第4章 テクノロジープレビュー

重要

以下の設定および機能は、テクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 については、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

管理コンソールを使用したヘルスチェックの確認

管理コンソールを使用してサーバーのヘルスチェックを検証できるようになりました。この機能は、JBoss EAP をスタンドアロンサーバーとして実行している場合のみ利用できます。

この機能 の使用に関する詳細は、『設定ガイド』 の「 Examine the Health Check Using the Management Console 」を参照してください。

管理 CLI を使用したカスタムモジュールの追加および削除

スタンドアロンサーバーの実行時に、module コマンドを使用してカスタムモジュールを追加および削除できます。このコマンドは、管理対象ドメイン環境での使用や、リモートで管理 CLI に接続する場合に適していません。

カスタムモジュールの作成に関する詳細は、JBoss EAP『 設定ガイド』の「管理 CLI を使用したカスタムモジュール の作成」を 参照 してください。

MicroProfile Rest Client 1.3.2 以降のサポート

JBoss EAP は MicroProfile Rest Client 1.3.2 以降に対応するようになりました。MicroProfile Rest Client の詳細は、JBoss EAP 『 Developing Web Services Applications 』の「 MicroProfile REST Client」を参照してください。

以前のバージョンの MicroProfile REST クライアントを使用していた場合は、コードに更新をいくつか行う必要があります。コードの変更に関する詳細は、「 MicroProfile Rest Client Code で必要な変更 」を参照してください。

4.1. MicroProfile OpenTracing 1.3.0 のサポート

JBoss EAP は MicroProfile OpenTracing 1.3.0 に対応するようになりました。microprofile-opentracing-smallrye サブシステムの詳細は、『設定ガイド』の「 MicroProfile OpenTracing SmallRye サブシステムでのリクエストのトレース 」を参照 してください。