3.12. Messaging

resourceAdapter 要素を使用したリモート Artemis ベースのブローカーの JMS リソースの設定

Red Hat AMQ 7 などのリモート Artemis ベースのブローカーの JMS リソースを設定するには、@JMSConnectionFactoryDefinition アノテーションまたは @JMSDestinationDefinition アノテーションを使用します。resourceAdapter 要素は、JMS リソースの作成に使用されるリソースアダプターを定義します。

詳細は、JBoss EAP 『 Configuring Messaging 』の「 JMS Resources Configuration for a Remote Artemis-based Broker 」を参照してください。

メッセージングサーバーのグローバルリソースの設定

address-setting 要素の新しい属性は、メッセージングサーバーのグローバルリソース使用を制御するのに役に立ちます。詳細は、JBoss EAP『 Configuring Messaging』の「 Configure Global Resource Usage for Messaging Servers 」を参照してください。

メッセージジャーナルファイルを開くためのタイムアウト値の設定

journal-file-open-timeout 属性を使用して、メッセージジャーナルファイルを開くタイムアウトを設定できるようになりました。

journal-file-open-timeout 属性の設定に関する詳細は、JBoss EAP 『 Configuring Messaging』の「 Configuring Message Journal Attributes 」を参照してください。

Artemis ロギングコードの変更

Artemis コアプロトコルの Artemis ロギングコードが変更になりましたが、Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) コードは変わりません。これにより、これらのコードに基づいて問題の監視を行う際に問題が発生します。

このコードは AMQP と Artemis コアプロトコル間で複製されていため、ロギングコードが変更されました。

宛先名の接頭辞を省略します。

接続ファクトリーまたはプールされた接続ファクトリーを設定して、リモート Artemis サーバーと通信する際に、宛先名の接頭辞を省略することができます。このオプションは、互換モードではないリモート Artemis 2.x との通信を設定するときに使用します。

詳細は、JBoss EAP 『 Configuring Messaging 』の「 Using the Integrated Artemis Resource Adapter for Remote Connections 」ステップ 3、「 Configuring the Artemis Resource Adapter to Connect to Red Hat AMQ 」ステップ 4 を参照してください。

ロードバランサーのメッセージング機能強化

静的 HTTP ロードバランサーの既存のサポートに加え、mod_cluster を使用するロードバランサーにも対応しました。詳細は、JBoss EAP『 Configuring Messaging』の「ロードバランサー の背後にあるメッセージング」 を参照してください。

ロードバランサーの背後にあるクラスターへのメッセージングに完全に対応するようになりました。HTTP ロードバランサーの背後でクラスターと通信するクライアントは、クラスタートポロジーではなく、最初の接続を再利用する必要があります。詳細は、JBoss EAP 『 Configuring Messaging』 の「ロードバランサーの背後にあるメッセージング用の クライアント設定 」を参照してください。

Apache Artermis に追加された処理済みメッセージ統計

Apache Artemis プロジェクトが以下の統計を追加しました。

  • 処理されたメッセージ
  • 中断またはロールバックされたメッセージ

これらの統計は、以下の CLI コマンドを実行して JBoss EAP で使用できるようになりました。

/subsystem=messaging-activemq/jms-bridge=bridge:read-attribute(name=message-count)
/subsystem=messaging-activemq/jms-bridge=bridge:read-attribute(name=aborted-message-count)

スタンドアロン JMS クライアントでの JGroups との検出グループの使用

スタンドアロン JMS クライアントでの JGroups との検出グループの使用は非推奨になりました。

検出グループは Netty UDP とのみ使用する必要があります。