3.3. 管理 CLI

出力の一時停止を無効にします。

デフォルトでは、JBoss EAP 管理 CLI は出力ページの表示後に一時停止するため、コマンドの出力の閲覧および検索が可能です。現在では、この動作を無効にすることができます。また、--no-output-paging 引数で管理 CLI を起動するか、EAP_HOME/bin/jboss-cli.xml ファイルで output-paging 要素を true に設定することで、出力全体を即座に表示できるようになりました。

Liveness と Readiness プローブの MicroProfile Health Check 2.0.1 属性アップグレード

以前のリリースでは、管理 CLI を使用して liveness および readiness プローブの MicroProfile ヘルスステータスを個別に取得することはできませんでした。

現在では、liveness および readiness プローブのステータスは、:check-live および :check-ready 操作を使用するか、/health/live および /health/ready HTTP エンドポイントを使用することで個別に取得できるようになりました。

現在では、既存の /health HTTP エンドポイントおよび :check 管理操作を使用して、liveness および readiness プローブの両方のすべてのチェックプローブを取得できるようになりました。

現時点では、現在の MicroProfile Health Check 2.0.1 機能は以前のバージョンと完全に後方互換性がありません。

詳細は、『設定ガイド』の「 MicroProfile Health Check 」を 参照してください