3.9. クラスタリング

mod_cluster サブシステムの新しい属性の初期負荷

mod_cluster サブシステムが新しい属性 initial-load を定義するようになりました。

initial-load 属性は、新しく加わるノードの負荷値を段階的に増大させ、クラスターに加わる際のオーバーロードを回避するのに役立ちます。

この属性に関する詳細は、JBoss EAP『 設定ガイド』の 「 ModCluster サブシステム の属性」を参照 してください。

プライマリーシングルトンプロバイダーの特定機能

プライマリーシングルトンプロバイダーは、各シングルトンデプロイメントまたは特定のシングルトンポリシーから作成されたサービスに対して、singleton サブシステムが公開するランタイムリソースを使って判断できるようになりました。

詳細は、JBoss EAP『開発ガイド』の「 Determine the Primary Singleton Service Provider Using the CLI 」を 参照 してください。

分散可能なセッションマネージャー呼び出しを指定する機能

META-INF/jboss-all.xml 設定ファイルで <shared-session-config> の下に <distributable/> タグを追加することで、サブデプロイメント間でのセッション共有を行う際に使用する分散可能なセッションマネージャーを指定できるようになりました。

詳細は、JBoss EAP『開発ガイド』 の「エンタープライズアーカイブのサブデプロイメント間で共有するセッション の設定」を 参照 してください。

新しいプライマリープロバイダーのシングルトンサービスプロバイダーを通知する機能

登録された SingletonElectionListener を持つクラスターの各メンバーは、新しいプライマリーシングルトンサービスプロバイダーが選ばれると通知を受信します。

詳細は、JBoss EAP 『開発ガイド』の「 HA Singleton Service Election Listener 」を参照 してください。

分散可能な Web セッション設定のための分散可能な Web サブシステム

JBoss EAP の新しい distributable-web サブシステムにより、柔軟で分散可能な Web セッション設定が容易になります。サブシステムは jboss-web.xml<replication-config> 要素の使用を終了します。

詳細 は、JBoss EAP 『開発ガイド』の「分散可能な Web セッション設定の distributable-web サブシステム 」および『 移行ガイド』 の「デフォルトの分散可能なセッション管理動作 のオーバーライド」を参照 してください。

リモート Red Hat Data Grid クラスターにセッションデータを保存する機能

distributable-web サブシステムは、HotRod プロトコルを使用して、リモート Red Hat Data Grid クラスターに Web セッションデータを保存するように設定できるようになりました。リモートクラスターに Web セッションデータを格納すると、キャッシュレイヤーがアプリケーションサーバーとは独立して拡張できるようになります。

distributable-web サブシステムの設定に関する詳細は、JBoss EAP『開発 ガイド』の「 Storing Web Session Data In a Remote Red Hat Data Grid 」を 参照 してください。

ランク付けされた複数のルートセッションアフィニティーを指定する機能

ノードの順序付けされたリストとしてセッションアフィニティーを指定できるようになりました。ロードバランサーが複数の、順序付けされたルートに対応していれば、プライマリーノードに障害が発生した場合に、定義した順序で最適なノードを選択できます。また、特定のセッションの主な所有者が非アクティブであれば、無限なフェイルオーバーターゲット確立されます。

ランク付け されたアフィニティーオプションの詳細は、JBoss EAP『開発ガイド』の「分散可能な Web セッション設定の distributable-web サブシステム 」を 参照 してください。ロードバランサーでランク付けされたセッションアフィニティーを有効にする方法は、JBoss EAP『設定ガイド』の「 Enabling Ranked Session Affinity in Your Load Balancer 」を 参照 してください。