Menu Close

5.2. 新しい JBoss EAP サーバーへのログの移行

要件

transactions サブシステムが新旧の JBoss EAP で同一に設定されるようにします。ログのリカバリーにはリカバリーされたログによって使用されるデータソースへのアクセスが必要であるため、この同一の設定には JTA データソースのリストが含まれます。

5.2.1. ファイルベースのログストレージの移行

トランザクションマネージャーのログを新しい JBoss EAP サーバーに移行するには、ログを新しい JBoss EAP サーバーにコピーします。

以下のコマンドを使用するとファイルベースのログをコピーできます。

  1. EAP_HOME ディレクトリーを参照します。
  2. 以下のコマンドを使用してログのアーカイブを作成します。

    $ tar -cf logs.tar ./standalone/data/tx-object-store
  3. 以下のコマンドを使用して、アーカイブしたログを新しい EAP_HOME ディレクトリーで展開します。

    $ tar -xf logs.tar -C NEW_EAP_HOME

5.2.2. JDBC ストアベースのログストレージの移行

  • 新しい JBoss EAP サーバーを設定すると、「JDBC データソースをトランザクションオブジェクトストアとして使用」に説明のある古いデータベースおよびテーブルを使用することができます。
  • または、トランザクションログに使用するデータベースとテーブルを特定することもできます。その後、SQL ツールを使用してテーブルをバックアップし、新しいデータベースに復元できます。

    注記

    SQL クエリーツールは、JBoss EAP に同梱されている h2 JAR ファイルにあります。