2.3. Red Hat コンテナーレジストリーへの認証の設定

JBoss EAP for OpenShift イメージをインポートおよび使用する前に、最初に Red Hat コンテナーレジストリーへの認証を設定する必要があります。

Red Hat は、レジストリーサービスアカウントを使用して認証トークンを作成し、Red Hat コンテナーレジストリーへのアクセスを設定することを推奨します。こうすると、お持ちの Red Hat アカウントのユーザー名やパスワードを OpenShift 設定に使用または保存する必要がありません。

  1. Red Hat カスタマーポータルの手順にしたがって、レジストリーサービスアカウントを使用して認証トークンを作成します
  2. トークンの OpenShift シークレットが含まれる YAML ファイルをダウンロードします。YAML ファイルは、トークンの Token Information ページの OpenShift Secret タブからダウンロードできます。
  3. ダウンロードした YAML ファイルを使用して、OpenShift プロジェクトの認証トークンシークレットを作成します。

    oc create -f 1234567_myserviceaccount-secret.yaml
  4. 以下のコマンドを使用して、OpenShift プロジェクトのシークレットを設定します。シークレット名は前のステップで作成したシークレットの名前に置き換えてください。

    oc secrets link default 1234567-myserviceaccount-pull-secret --for=pull
    oc secrets link builder 1234567-myserviceaccount-pull-secret --for=pull

セキュリティー保護されたレジストリーへのアクセス設定方法については、OpenShift ドキュメントを参照してください。

Red Hat コンテナーレジストリーへの認証の設定 に関する詳細は、Red Hat カスタマーポータルを参照してください。