第2章 JBoss EAP for OpenShift イメージでの Java アプリケーションのビルドおよび実行

以下のワークフローでは、Source-to-Image (S2I) プロセスを使用して JBoss EAP for OpenShift イメージ上で Java アプリケーションをビルドおよび実行します。

たとえば、この手順では kitchensink クイックスタートが使用されます。これは JSF、CDI、EJB、JPA、および Bean Validation を使用して Java EE の web 対応データベースアプリケーションを実行します。詳細は、JBoss EAP 7 に同梱される kitchensink クイックスタートを参照してください。

2.1. 要件

このワークフローでは、OpenShift インスタンスがすでにインストールされ、運用されていることを前提とします (OpenShift Primer の OpenShift インスタンスと同様)。