10.2. デプロイメントでの既存の Undertow ハンドラーの使用

Undertow は、JBoss EAP にデプロイされたすべてのアプリケーションと使用できる、デフォルトのハンドラーセットを提供します。

デプロイメントでハンドラーを使用するには、WEB-INF/undertow-handlers.conf ファイルを追加する必要があります。

例: WEB-INF/undertow-handlers.conf ファイル

allowed-methods(methods='GET')

また、特定のケースで指定のハンドラーを提供するために、すべてのハンドラーは任意の述語を取ることもできます。

例: 任意の述語がある WEB-INF/undertow-handlers.conf ファイル

path('/my-path') -> allowed-methods(methods='GET')

上記の例では、allowed-methods ハンドラーのみがパス /my-path に適用されます。

Undertow ハンドラーのデフォルトパラメーター

一部のハンドラーにはデフォルトのパラメーターがあり、名前を使用せずにハンドラー定義でそのパラメーターの値を指定できます。

例: デフォルトのパラメーターを使用する WEB-INF/undertow-handlers.conf ファイル

path('/a') -> redirect('/b')

また、WEB-INF/jboss-web.xml ファイルを更新して 1 つまたは複数のハンドラーの定義を含めることもできますが、WEB-INF/undertow-handlers.conf を使用することが推奨されます。

例: WEB-INF/jboss-web.xml ファイル

<jboss-web>
    <http-handler>
        <class-name>io.undertow.server.handlers.AllowedMethodsHandler</class-name>
        <param>
            <param-name>methods</param-name>
            <param-value>GET</param-value>
        </param>
    </http-handler>
</jboss-web>

提供される Undertow ハンドラーの完全リストは「提供される Undertow ハンドラー」を参照してください。