7.15. インジェクションでのプロキシーの使用

各 bean のライフサイクルが異なる場合に、インジェクションにプロキシーが使用されます。プロキシーは起動時に作成されたbean のサブクラスで、bean クラスのプライベートメソッド以外のメソッドをすべて上書きします。プロキシーは実際の bean インスタンスへ呼び出しを転送します。

この例では、PaymentProcessor インスタンスは直接 Shop へインジェクトされません。その代わりにプロキシーがインジェクトされ、processPayment() メソッドが呼び出されるとプロキシーが現在の PaymentProcessor Bean インスタンスをルックアップし、processPayment() メソッドを呼び出します。

例: プロキシインジェクション

@ConversationScoped
class PaymentProcessor
{
  public void processPayment(int amount)
  {
    System.out.println("I'm taking $" + amount);
  }
}

@ApplicationScoped
public class Shop
{

  @Inject
  PaymentProcessor paymentProcessor;

  public void buyStuff()
  {
    paymentProcessor.processPayment(100);
  }
}