7.9. ステレオタイプ

多くのシステムでは、アーキテクチャーパターンを使用して繰り返し発生する Bean ロールのセットを生成します。ステレオタイプを使用すると、このようなロールを指定し、中心的な場所で、このロールを持つ Bean に対する共通メタデータを宣言できます。

ステレオタイプにより、以下のいずれかの組み合わせがカプセル化されます。

  • デフォルトのスコープ。
  • インターセプターバインディングのセット。

また、ステレオタイプにより、以下の 2 つのいずれかを指定できます。

  • ステレオタイプがデフォルトの bean EL 名であるすべての bean。
  • ステレオタイプが代替であるすべての bean。

Bean は、ステレオタイプを 0 個以上宣言できます。ステレオタイプは、他の複数のアノテーションをパッケージ化する @Stereotype アノテーションです。ステレオタイプアノテーションは、bean クラス、プロデューサーメソッド、またはフィールドに適用できます。

ステレオタイプからスコープを継承するクラスは、そのステレオタイプをオーバーライドし、bean に直接スコープを指定できます。

また、ステレオタイプが @Named アノテーションを持つ場合、配置された bean はデフォルトの bean 名を持ちます。この bean は、@Named アノテーションが bean で直接指定された場合に、この名前をオーバーライドできます。名前付き bean の詳細は、「名前付き Bean」を参照してください。

7.9.1. ステレオタイプの使用

ステレオタイプを使用しないと、アノテーションが煩雑になる可能性があります。このタスクは、ステレオタイプを使用して煩雑さを軽減し、コードを効率化する方法を示しています。

例: 煩雑なアノテーション

@Secure
@Transactional
@RequestScoped
@Named
public class AccountManager {
  public boolean transfer(Account a, Account b) {
    ...
  }
}

ステレオタイプの定義および使用
  1. ステレオタイプを定義します。

    @Secure
    @Transactional
    @RequestScoped
    @Named
    @Stereotype
    @Retention(RUNTIME)
    @Target(TYPE)
    public @interface BusinessComponent {
     ...
    }
  2. ステレオタイプを使用します。

    @BusinessComponent
    public class AccountManager {
      public boolean transfer(Account a, Account b) {
        ...
      }
    }