6.3. クラスタリングサービスのパブリック API

JBoss EAP 7 には、アプリケーションが使用する改善されたパブリッククラスタリング API が導入されました。新しいサービスは、ライトウェイトで簡単に挿入できるよう設計されています。外部の依存関係は必要ありません。

org.wildfly.clustering.group.Group

グループサービスは、JGroups チャネルのクラスタートポロジーを参照し、トポロジーの変更時に通知するメカニズムを提供します。

@Resource(lookup = "java:jboss/clustering/group/channel-name")
private Group channelGroup;
org.wildfly.clustering.dispatcher.CommandDispatcher

CommandDispatcherFactory サービスは、クラスター内のノードでコマンドを実行するためにディスパッチャーを作成するメカニズムを提供します。結果として得られる CommandDispatcher は、以前の JBoss EAP リリースのリフレクションベースの GroupRpcDispatcher に類似したコマンドパターンです。

@Resource(lookup = "java:jboss/clustering/dispatcher/channel-name")
private CommandDispatcherFactory factory;

public void foo() {
    String context = "Hello world!";
    // Exclude node1 and node3 from the executeOnCluster
    try (CommandDispatcher<String> dispatcher = this.factory.createCommandDispatcher(context)) {
        dispatcher.executeOnGroup(new StdOutCommand(), node1, node3);

    }
}

public static class StdOutCommand implements Command<Void, String> {
    @Override
    public Void execute(String context) {
        System.out.println(context);
        return null;
    }
}