12.4. 永続コンテキスト

JPA 永続コンテキストには、永続プロバイダーによって管理されるエンティティーが含まれます。永続コンテキストは、データソースと対話するための 1 次レベルトランザクションキャッシュのように動作します。これは、エンティティーインスタンスおよびそれらのライフサイクルを管理します。ロードされたエンティティーは、アプリケーションに返される前に永続コンテキストに置かれます。エンティティーの変更も永続コンテキストに置かれ、トランザクションのコミットが実行されるとデータベースに保存されます。

コンテナー管理永続性 (CMP) コンテキストは、トランザクションにスコープ付けするか (トランザクションスコープの永続コンテキストと呼ばれます)、単一トランザクションを超えて拡張するライフタイムスコープを持つことができます (拡張永続コンテキストと呼ばれます)。enum データタイプを持つ PersistenceContextType プロパティーは、コンテナー管理エンティティーマネージャーの永続コンテキストライフタイムスコープを定義するために使用されます。永続コンテキストのライフタイムスコープは、EntityManager インスタンスの作成時に定義されます。

12.4.1. トランザクションスコープの永続コンテキスト

トランザクションスコープの永続コンテキストは、アクティブな JTA トランザクションと動作します。トランザクションがコミットすると、永続コンテキストはデータソースにフラッシュされます。エンティティーオブジェクトはデタッチされますが、アプリケーションコードによって参照されることがあります。データソースに保存されることが想定されるエンティティーの変更はすべてトランザクション中に行われる必要があります。 トランザクション外部で読み取られるエンティティーは、EntityManager 呼び出しが完了するとデタッチされます。

12.4.2. 拡張永続コンテキスト

拡張永続コンテキストは複数のトランザクションにまたがり、アクティブが JTA トランザクションがなくてもデータの変更をキューに置けるようにします。コンテナー管理の拡張永続コンテキストは、ステートフルセッション bean のみへインジェクトできます。