2.2. Maven と JBoss EAP Maven リポジトリーのインストール

2.2.1. Maven のダウンロードおよびインストール

以下の手順に従って、Maven をダウンロードおよびインストールします。

  • Red Hat CodeReady Studio を使用してアプリケーションをビルドおよびデプロイする場合は、この手順を省略します。Maven は Red Hat CodeReady Studio で配布されています。
  • Maven コマンドラインを使用して JBoss EAP にアプリケーションをビルドおよびデプロイする場合は、Maven をダウンロードおよびインストールする必要があります。

    1. Apache Maven Project - Download Maven」にアクセスし、ご使用のオペレーティングシステムに対応する最新のディストリビューションをダウンロードします。
    2. ご使用のオペレーシングシステムに Apache Maven をダウンロードおよびインストールする方法は、Maven のドキュメントを参照してください。

2.2.2. JBoss EAP Maven リポジトリーのダウンロード

以下のいずれかの方法を使用して JBoss EAP Maven リポジトリーをダウンロードできます。

2.2.2.1. JBoss EAP Maven リポジトリーの ZIP ファイルのダウンロード

以下の手順にしたがって、JBoss EAP Maven リポジトリーをダウンロードします。

  1. Red Hat カスタマーポータルの JBoss EAP ダウンロードページ にログインします。
  2. Version ドロップダウンメニューで 7.2 を選択します。
  3. リストで Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7.2 Maven Repository を見つけ、Download をクリックしてリポジトリーが含まれる ZIP ファイルをダウンロードします。
  4. ZIP ファイルを希望の場所に保存します。
  5. ZIP ファイルを展開します。

2.2.2.2. Offliner アプリケーションでの JBoss EAP Maven リポジトリーのダウンロード

Red Hat Maven リポジトリーを使用して JBoss EAP アプリケーション開発用の Maven アーティファクトをダウンロードする代わりに、Offliner アプリケーションを使用することができます。

重要

Offliner アプリケーションを使用した JBoss EAP Maven リポジトリーのダウンロードプロセスは、テクノロジーレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲は、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

  1. Red Hat カスタマーポータルの JBoss EAP ダウンロードページ にログインします。
  2. Version ドロップダウンメニューで 7.2 を選択します。
  3. リストで Red Hat JBoss Enterprise Application Platform Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7.2 Maven Repository Offliner Content List を見つけ、Download をクリックします。
  4. テキストファイルを希望のディレクトリーに保存します。

    注記

    このファイルにはライセンス情報が含まれません。Offliner アプリケーションによってダウンロードされたアーティファクトのライセンスは、JBoss EAP と配布される Maven リポジトリーの ZIP ファイルに指定されるライセンスと同じです。

  5. Maven Central Repository から Offliner アプリケーションをダウンロードします。
  6. 以下のコマンドを使用して Offliner アプリケーションを実行します。

    $ java -jar offliner.jar -r http://repository.redhat.com/ga/ -d DOWNLOAD_FOLDER jboss-eap-7.2.0-maven-repository-content-with-sha256-checksums.txt

    JBoss EAP Maven リポジトリーからのアーティファクトは DOWNLOAD_FOLDER ディレクトリーにダウンロードされます。

Offliner アプリケーションの実行の詳細は Offliner のドキュメントを参照してください。

注記

生成された JBoss EAP Maven リポジトリーの内容は、JBoss EAP Maven リポジトリーの ZIP ファイルで現在利用できる内容と同じです。Maven Central リポジトリーで利用できるアーティファクトは含まれません。

2.2.3. JBoss EAP Maven リポジトリーのインストール

JBoss EAP Maven リポジトリーはオンラインで利用でき、3 つのいずれかの方法でダウンロードしてローカルにインストールすることもできます。

2.2.3.1. JBoss EAP Maven リポジトリーのローカルインストール

このオプションを使用して JBoss EAP Maven リポジトリーをローカルファイルシステムにインストールします。この方法は設定が簡単で、ローカルマシンですぐに実行することができます。

重要

この方法を使用すると、開発時における Maven の使用方法を理解することができますが、チームの本番環境では推奨されません。

新しい Maven リポジトリーをダウンロードする前に、.m2/ ディレクトリーにあるキャッシュされた repository/ サブディレクトリーを削除してください。

ローカルファイルシステムに JBoss EAP Maven リポジトリーをインストールします。

  1. ローカルファイルシステムに JBoss EAP Maven リポジトリーの ZIP ファイルがダウンロード されていることを確認してください。
  2. 希望のローカルファイルシステム上でファイルを展開します。

    これにより、maven-repository/ というサブディレクトリーに Maven リポジトリーが含まれる新しい jboss-eap-7.2.0.GA-maven-repository/ ディレクトリーが作成されます。

重要

古いローカルリポジトリーを使用する場合は、そのリポジトリーを Maven の settings.xml 設定ファイルで個別に設定する必要があります。各ローカルリポジトリーは、独自の <repository> タグ内で設定する必要があります。

2.2.3.2. Apache httpd で使用する JBoss EAP Maven レポジトリーのインストール

Web サーバーにアクセスできる開発者は Maven リポジトリーにもアクセスできるため、Apache httpd で使用する JBoss EAP Maven リポジトリーをインストールすることは、マルチユーザーの開発環境や複数のチームが関係する開発環境に適しています。

JBoss EAP Maven リポジトリーをインストールする前に、Apache httpd を設定する必要があります。手順は、Apache HTTP Server Project ドキュメンテーションを参照してください。

  1. ローカルファイルシステムに JBoss EAP Maven リポジトリーの ZIP ファイル がダウンロードされていることを確認してください。
  2. Apache サーバー上で Web にアクセス可能なディレクトリーに Zip 形式のファイルを展開します。
  3. 作成されたディレクトリーで読み取りアクセスとディレクトリーの閲覧を許可するよう Apache を設定します。

    この設定により、マルチユーザー環境が Apache httpd 上で Maven リポジトリーにアクセスできるようになります。