第1章 アプリケーション開発の開始

1.1. Java Enterprise Edition 8 について

1.1.1. Java EE 8 プロファイルの概要

JSR 366 に定義されている Java Enterprise Edition (Java EE) 8 には、アプリケーションの特定のクラスに適した設定を表す API のサブセットであるプロファイルのサポートが含まれています。

Java EE 8 は Web および Full Platform プロファイルの仕様を定義します。Full Platform、Web Profile、または 1 つ以上のカスタムプロファイルのあらゆる組み合わせを実装するよう選択することができます。

  • Web Profile には、web アプリケーションの開発に便利な、厳選された API のサブセットが含まれます。
  • Full Platform プロファイルには、Java EE 8 の Web Profile によって定義された API と、エンタープライズアプリケーションの開発に便利な Java EE 8 API の完全セットが含まれます。

JBoss EAP 7.2 は、Java EE 8 の Full Platform および Web Profile 仕様の認定実装です。Java EE 8 の技術、JSR、および Web および Full Platform プロファイルに含まれるかどうかは、「Java EE 8 のプロファイルおよび技術リファレンス」を参照してください。

Java EE 8 API の完全リストは「Java™ EE 8 Technologies」を参照してください

注記

Java EE には、認証およびアイデンティティーストアの移植可能なプラグインインターフェースを定義する JSR 375 のサポートや、プログラムによるセキュリティーのアクセスポイントを提供する新しい injectable-type SecurityContext インターフェースも含まれています。これらの API のビルトイン実装を使用するか、カスタム実装を定義することができます。