第7章 既知の問題

本リリースでの既知の問題の一覧は、Known Issues for JBoss EAP 7.2 GA を参照してください。

この他に、以下に注意してください。

  • JDK 11 の jboss-cli-client.jar ファイルを使用して開始された管理 CLI インスタンスから埋め込みサーバーの起動を試みると、エラー WFLYEMB0014: Cannot load module が発生します。このエラーが発生しないようにするには、管理 CLI の起動時に --add-modules java.se を追加する必要があります。

    $ java --add-modules java.se -jar jboss-cli-client.jar
  • JBoss EAP のデフォルトでは、重複した XA リソースが重複した xa_end 呼び出しの XAER_PROTO を返すことができます。これは、JTA 1.2 で想定される各リソースが xa_end 呼び出しを実行する動作と対照的です。これは、JBEAP-12671 に説明があるように、JBoss EAP には現在 JTA 1.2 の重複した xa_end 呼び出しの動作をサポートしない Artemis が同梱されているからです。この厳密な動作を完全に JTA 1.2 に準拠させるには、フラグ -DJTAEnvironmentBean.strictJTA12DuplicateXAENDPROTOErr=true を渡します。しかし、Artemis の使用時にはエラーが発生し、重複した Artemis リソースが含まれるトランザクションをコミットできません。
  • クライアントアプリケーションが直接 Artemis クライアント JAR (artemis-jms-clientartemis-commonsartemis-core-clientartemis-selector など) に依存する場合、wildfly-client-propertiespom.xml ファイルに依存関係を追加する必要があります。

    <dependency>
      <groupId>org.jboss.eap</groupId>
      <artifactId>wildfly-client-properties</artifactId>
    </dependency>

    これにより、JBEAP-15889 に記載されているように、旧バージョンの JBoss EAP 7 クライアントから message.getJMSReplyTo() を呼び出すときに JMSRuntimeException が発生しないようにします。

  • JBoss EAP 7.2 RPM パッケージを RHEL 7 上にインストールし、デフォルトの RHEL JDK 11 パッケージのみが含まれる場合、現在パッケージに定義された依存関係が原因で、RPM は JDK 1.8 もインストールします。その結果、JDK 1.8 がデフォルトの JDK として設定されるため、alternatives を使用してシステムが JDK 11 を使用するように設定する必要があります。

    alternatives --config java

    JDK 11 に対応する番号を入力します。





Revised on 2019-01-10 01:42:39 UTC