Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat JBoss Enterprise Application Platform

第1章 はじめに

1.1. Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7 (JBoss EAP) は、オープンな標準に基いて構築され、Java Enterprise Edition 7 の仕様に準拠するミドルウェアプラットフォームです。メッセージング、高可用性クラスタリングなどの技術が WildFly Application Server 10 と統合されます。

JBoss EAP には、必要な場合にだけサービスを有効にできるモジュール構造が含まれ、サービスの起動時間が短縮されます。

管理コンソールと管理コマンドラインインターフェース (CLI) により、XML 設定ファイルの編集が不要になり、タスクをスクリプト化および自動化する機能が追加されました。

JBoss EAP は、JBoss EAP インスタンスに対してスタンドアロンサーバーと管理対象ドメインの 2 つの操作モードを提供します。スタンドアロンサーバー操作モードでは、実行している JBoss EAP を 1 つのサーバーインスタンスとして表します。管理対象ドメイン操作モードでは、1 つの制御ポイントから複数の JBoss EAP インスタンスを管理できます。

また、JBoss EAP には、セキュアでスケーラブルな Java EE アプリケーションの迅速な開発を可能にする API と開発フレームワークが含まれます。

1.2. スタートガイド

本ガイドの目的は、ユーザーが JBoss EAP を短時間で使用できるようにすることです。JBoss EAP の基本のインストール、管理、設定などの管理タスクについて取り上げます。また、本ガイドは開発者が初めて JBoss EAP のクイックスタートを使用して Java EE 7 アプリケーションを書く場合にも役立ちます。

詳細は、 JBoss EAP ドキュメントを参照してください。