3.4. クイックスタートコードサンプルのダウンロード

3.4.1. クイックスタートのダウンロード

概要

JBoss EAP 6 には、ユーザーが Java EE 6 の技術を使用したアプリケーションの作成を簡単に開始できる包括的なクイックスタートコードのサンプルが含まれています。

JBoss EAP をインストール したときにクイックスタートサンプルのインストールを選択した場合は、このトピックを省略できます。それ以外の場合は、Red Hat JBoss Developer Program または Full Red Hat JBoss Commercial Program でクイックスタートサンプルをダウンロードします。選択したプログラムに適合する以下の手順に従ってください。

手順3.7 Full Red Hat JBoss Commercial Program でのクイックスタートのダウンロード

この手順は、Full Red Hat JBoss Commercial Program に参加している場合に実行します。このプログラムの詳細については、「Full Red Hat JBoss Commercial Program について」を参照してください。
  1. ブラウザーを開き、Red Hat カスタマーポータル (https://access.redhat.com) にログインします。
  2. ダウンロード をクリックします。
  3. Product Downloads リストで Red Hat JBoss Enterprise Application Platform をクリックします。
  4. Version ドロップダウンメニューから正しい JBoss EAP のバージョンを選択します。
  5. リストで Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6.x.x Quickstarts を見つけ、Download オプションをクリックします。
  6. ディレクトリーに ZIP ファイルを保存するよう促されます。ディレクトリーを選択し、ファイルを保存します。
  7. ディレクトリーにアーカイブを展開します。

手順3.8 Red Hat JBoss Developer Program でのクイックスタートのダウンロード

この手順は、Red Hat JBoss Developer Program に参加している場合に実行します。このプログラムの詳細については、「Red Hat JBoss Developer Program について」を参照してください。
  1. Web ブラウザーを開き、URL http://www.jboss.org/products/eap/ にアクセスします。
  2. ページの左側の Download JBoss EAP リンクをクリックして、製品ダウンロード情報を表示します。
  3. Download JBoss EAP 以下で、Quickstarts リンクをクリックしてサンプルを含む Zip アーカイブをダウンロードします。
  4. ディレクトリーに ZIP ファイルを保存するよう促されます。ディレクトリーを選択し、ファイルを保存します。
  5. ディレクトリーにアーカイブを展開します。