4.2. Maven の設定

4.2.1. Maven について

Apache Maven は、ソフトウェアプロジェクトの作成、管理、構築を行う Java アプリケーションの開発で使用される分散型ビルド自動化ツールです。Maven は Project Object Model (POM) と呼ばれる標準の設定ファイルを利用して、プロジェクトの定義や構築プロセスの管理を行います。POM はモジュールやコンポーネントの依存関係、ビルドの順番、結果となるプロジェクトパッケージングのターゲットを記述し、XML ファイルを使用して出力します。こうすることで、プロジェクトが正しく統一された状態で構築されるようにします。
Maven は、リポジトリーを使用してアーカイブを行います。Maven リポジトリーには Java ライブラリー、プラグイン、その他のビルドアーティファクトが格納されています。デフォルトのパブリックリポジトリーは Maven 2 Central Repository ですが、複数の開発チームの間で共通のアーティファクトを共有する目的で、社内のプライベートおよび内部リポジトリーとすることが可能です。また、サードパーティーのリポジトリーもあります。JBoss EAP には、Java EE 開発者が JBoss EAP 6 でアプリケーションを構築する際に利用する要件の多くが含まれる Maven リポジトリーが含まれます。
Maven の詳細については、Welcome to Apache Maven を参照してください。
Maven リポジトリーの詳細については、Apache Maven Project - Introduction to Repositories を参照してください。
JBoss EAP での Maven の使用方法に関する詳細については、カスタマーポータルにある Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 向け『開発ガイド』 (https://access.redhat.com/site/documentation/JBoss_Enterprise_Application_Platform/) の章「Maven ガイド」を参照してください。