3.2.2. JBoss EAP インストールプログラムの実行

JBoss EAP インストールプログラムは、グラフィカルモードまたはテキストモードで実行できます。このトピックでは、グラフィカルモードでインストールプログラムを実行するコマンドについて説明します。
オプションについてわからない場合は、デフォルト値を使用してください。サーバーは後で簡単に設定できます。JBoss EAP サーバーの設定方法の詳細については、カスタマーポータルにある Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6 向け『管理および設定ガイド』 (https://access.redhat.com/site/documentation/JBoss_Enterprise_Application_Platform/) を参照してください。

手順3.3 JBoss EAP インストールプログラムの実行

  1. ターミナルを開き、ダウンロードされたインストールプログラム JAR を含むディレクトリーに移動します。
  2. 以下のコマンドを入力します。
    java -jar jboss-eap-6.x.x-installer.jar
  3. 以下の表の手順を実行します。

表3.1 JBoss EAP インストールプログラムの画面

画面の名前
表示されるタイミング
説明
常時
インストールプログラムの言語を選択し、OK をクリックします。
常時
RED HAT JBOSS MIDDLEWARE の EULA。
「I accept the terms of this license agreement (ライセンス契約の内容に同意します)」を選択し、Next をクリックします。
常時
JBoss EAP のインストールパスを選択し、Next をクリックします。新しいディレクトリーを作成するか、指定されたディレクトリーを置き換える (ディレクトリーが存在する場合) よう求められます。
常時
インストールするパックを選択します。必須パックは選択解除できません。
常時
管理ユーザーを作成し、パスワードを割り当てます。次に、Next をクリックします。
常時
クイックスタートサンプルをインストールします。Yes を選択し、インストールパスを選択します。次に、Next をクリックします。
クイックスタートサンプルのインストールを選択したとき
デフォルトの選択を維持して、デフォルトの Maven 設定を自動的に指定し、パブリックにホストされた Maven リポジトリーを使用します。次に、Next をクリックします。
常時
デフォルトのポートバインディングを保持し、Next をクリックします。
常時
インストールプロセスの完了時に任意の起動オプションを選択します。次に、Next をクリックします。
常時
No を選択してロギングレベルの設定を省略します。次に、Next をクリックします。
常時
Perform default configuration を選択し、Next をクリックして作業を続行します。
常時
選択を確認し、Next をクリックします。
常時
インストールが完了すると、Next をクリックします。
常時
処理が完了したら、Next をクリックします。
常時
デフォルト値を受け入れ、Next をクリックします。
常時
Done をクリックします。
インストールが完了します。
結果

インストールが完了し、ターゲットマシンに JBoss EAP 6 がインストールされます。