第5章 実践

5.1. クイックスタートの実行

5.1.1. Red Hat JBoss Developer Studio でのクイックスタートの実行

この項では、Red Hat JBoss Developer Studio を使用してクイックスタートをデプロイし、Arquillian テストを実行する方法について説明します。

手順5.1 Red Hat JBoss Developer Studio へのクイックスタートのインポート

各クイックスタートには、クイックスタートのプロジェクトおよび設定情報が含まれる POM (プロジェクトオブジェクトモデル) ファイルが同梱されています。この POM ファイルを使用すると、簡単にクイックスタートを Red Hat JBoss Developer Studio へインポートすることができます。

重要

Red Hat JBoss Developer Studio へのインポート時にクイックスタートプロジェクトフォルダが IDE ワークスペース内にある場合、IDE は無効なプロジェクト名と WAR アーカイブ名を生成します。作業を開始する前に、クイックスタートプロジェクトフォルダが IDE ワークスペース外にあることを確認してください。
  1. 「コマンドラインでの使用向け Maven 設定」に記載された手順に従ってください (まだこれらの手順を実行していない場合)。
  2. Red Hat JBoss Developer Studio を起動します。
  3. メニューより FileImport と選択します。
  4. 選択リストより MavenExisting Maven Projects と選択し、Next をクリックします。
    既存の Maven プロジェクトのインポート

    図5.1 既存の Maven プロジェクトのインポート

  5. テストするクイックスタートのディレクトリー (helloworld クイックスタートなど) を参照し、OK をクリックします。Projects リストボックスに、選択したクイックスタートプロジェクトの pom.xml ファイルが示されます。
    Maven プロジェクトの選択

    図5.2 Maven プロジェクトの選択

  6. Finish をクリックします。

手順5.2 helloworld クイックスタートのビルドとデプロイ

helloworld クイックスタートは最も単純なクイックスタートの 1 つです。このクイックスタートを使用すると、JBoss サーバーが適切に設定および実行されていることを検証することができます。
  1. Servers タブが表示されない場合やサーバーがまだ定義されていない場合は、「Define New Server を使用した JBoss EAP Server の追加」に記載された手順に従ってください。full プロファイルまたは追加の起動引数が必要なクイックスタートをデプロイする場合は、クイックスタートの手順に記載されたようにサーバーランタイム環境を作成してください。
  2. Project Explorer タブで jboss-helloworld プロジェクトを右クリックし、Run As を選択します。このときに、選択肢のリストが提供されます。次に、Run on Server を選択します。
    Run As - Run on Server

    図5.3 Run As - Run on Server

  3. サーバーリストから JBoss EAP 6.1+ Runtime Server を選択し、Next をクリックします。
    サーバー上での実行

    図5.4 サーバー上での実行

  4. 次の画面にサーバーで設定されたリソースが表示されます。ユーザーに対して jboss-helloworld クイックスタートが設定されています。Finish をクリックしてクイックスタートをデプロイします。
    サーバーで設定されたリソースの変更

    図5.5 サーバーで設定されたリソースの変更

  5. 結果を確認します。
    • Server タブで、JBoss EAP 6.x Runtime Server ステータスが [Started, Republish] に変わります。
    • サーバーの Console タブに、JBoss EAP 6.x サーバーの起動と helloworld クイックスタートのデプロイに関するメッセージが表示されます。
    • helloworld タブに、URL http://localhost:8080/jboss-helloworld/HelloWorld と "Hello World!" というテキストが表示されます。
    • Console の以下のメッセージにより、jboss-helloworld.war ファイルのデプロイメントが確認されます。
      JBAS018210: Register web context: /jboss-helloworld
      JBAS018559: Deployed "jboss-helloworld.war" (runtime-name : "jboss-helloworld.war")
      
      デプロイされたアプリケーションへアクセスする URL を提供するため、登録された Web コンテキストの前には http://localhost:8080 が追加されます。
  6. helloworld クイックスタートが JBoss サーバーに正しくデプロイされたことを確認するには、Web ブラウザーを開き、URL http://localhost:8080/jboss-helloworld にあるアプリケーションにアクセスします。

手順5.3 bean-validation クイックスタート Arquillian テストの実行

一部のクイックスタートは、ユーザーインターフェースレイヤーの代わりに Arquillian テストを提供してサンプルコードのデモを行います。bean-validation クイックスタートは、Arquillian テストを提供するクイックスタートのサンプルです。
  1. 上記の手順に従って、 bean-validation クイックスタートを Red Hat JBoss Developer Studio にインポートします。
  2. Servers タブでサーバーを右クリックし、Start を選択して JBoss EAP サーバーを起動します。Servers タブが表示されない場合やサーバーがまだ定義されていない場合は、「Define New Server を使用した JBoss EAP Server の追加」に記載された手順に従ってください。
  3. Project Explorer タブで jboss-bean-validation プロジェクトを右クリックし、Run As を選択します。このときに、選択肢のリストが提供されます。次に、Maven Build を選択します。
  4. Edit Configuration ダイアログの Goals 入力フィールドに、clean test -Parq-jbossas-remote と入力します。
    次に、Run をクリックします。
    設定の編集

    図5.6 設定の編集

  5. 結果を確認します。
    サーバーの Console タブに、JBoss EAP サーバーの起動に関するメッセージと bean-validation クイックスタート Arquillian テストの出力が表示されます。
    -------------------------------------------------------
     T E S T S
    -------------------------------------------------------
    Running org.jboss.as.quickstarts.bean_validation.test.MemberValidationTest
    Tests run: 5, Failures: 0, Errors: 0, Skipped: 0, Time elapsed: 2.189 sec
    
    Results :
    
    Tests run: 5, Failures: 0, Errors: 0, Skipped: 0
    
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    [INFO] BUILD SUCCESS
    [INFO] ------------------------------------------------------------------------
    

5.1.2. コマンドラインを使用したクイックスタートの実行

手順5.4 コマンドラインを使用したクイックスタートのビルドおよびデプロイ

コマンドラインを使用すると簡単にクイックスタートをビルドおよびデプロイできます。コマンドラインを使用し、JBoss サーバーを起動する必要がある場合、ユーザーがサーバーを起動する必要があるため注意してください。
  1. 「コマンドラインでの使用向け Maven 設定」に記載された手順に従ってください (まだこれらの手順を実行していない場合)。
  2. クイックスタートのルートディレクトリにある README.html ファイルを確認してください。
    このファイルにはシステム要件に関する一般的な情報、Maven の設定方法、ユーザーの追加方法、クイックスタートの実行方法が含まれています。クイックスタートを始める前に必ず読むようにしてください。
    このファイルには使用可能なクイックスタートの一覧表も含まれています。この表にはクイックスタート名と使用する技術が記載され、各クイックスタートの簡単な説明と設定するために必要な経験レベルが記載されています。クイックスタートの詳細については、クイックスタート名をクリックしてください。
    他のクイックスタートを改良または拡張するために作成されたクイックスタートもあります。このようなクイックスタートは Prerequisites 列に記載されています。クイックスタートに前提条件がある場合は、クイックスタートを使用する前にこれらをインストールする必要があります。
    オプションコンポーネントのインストールや設定が必要になるクイックスタートもあります。これらのコンポーネントは、クイックスタートが必要とする場合のみインストールしてください。
  3. helloworld クイックスタートを実行します。
    helloworld クイックスタートは最も単純なクイックスタートの 1 つです。このクイックスタートを使用すると、JBoss サーバーが適切に設定および実行されていることを検証することができます。helloworld クイックスタートのルートにある README.html ファイルを開きます。このファイルにはクイックスタートのビルドおよびデプロイ方法や実行しているアプリケーションへのアクセス方法の詳細手順が含まれています。
  4. 別のクイックスタートを実行します。
    各クイックスタートのルートフォルダーにある README.html ファイルの手順に従ってサンプルを実行します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。