第2章 前提条件

2.1. JBoss EAP 6 インストールの要件

概要

JBoss EAP は、Red Hat JBoss Developer Program または Full Red Hat JBoss Commercial Program で取得できます。Red Hat JBoss Developer Program の詳細については、「Red Hat JBoss Developer Program について」を参照してください。Full Red Hat JBoss Commercial Program の詳細については、「Full Red Hat JBoss Commercial Program について」を参照してください。以下の手順は、両方の Program の前提条件を示しています。

一般的な要件

  • サポート対象の設定を確認し、ご使用のシステムがサポートされるようにしてください (https://access.redhat.com/site/articles/111663を参照)。
  • Red Hat カスタマーポータルでアカウントをセットアップし、Full Red Hat JBoss Commercial Program に参加している場合は、システムが Red Hat 発行のアップデートとエラータで更新されていることを確認してください。

ZIP またはインストーラーの要件

  • インストールディレクトリーに管理権限を付与する必要があります。
  • 選択した JDK が展開 (またはインストール) されていることを確認してください。展開およびインストール方法については、JDK のドキュメントを参照してください。
  • Microsoft Windows Server では、JAVA_HOME および PATH 環境変数が設定されていることを確認します。設定されていないと、ショートカットが動作しません。
  • Hewlett-Packard HP-UX では、unzip ユーティリティーがインストールされていることを確認します。