第4章 インストール後の手順

4.1. 開発環境の設定

4.1.1. Red Hat JBoss Developer Studio のインストールの概要

本書では、Red Hat JBoss Developer Studio の最も単純なインストールパスの手順を提供します。完全なインストール手順については、Red Hat JBoss Developer Studio 向けの『インストールガイド』 (https://access.redhat.com/site/documentation/en-US/Red_Hat_JBoss_Developer_Studio/) を参照してください。

4.1.2. Red Hat JBoss Developer Studio のダウンロード

  1. Download ボタンをクリックします。ZIP ファイルを任意のディレクトリーに保存するよう求められます。

4.1.3. Red Hat JBoss Developer Studio のインストール

  1. ターミナルを開き、ダウンロードされた .jar ファイルを含むディレクトリーに移動します。
  2. 次のコマンドを実行して GUI インストールプログラムを起動します。
    java -jar jbdevstudio-build_version.jar

    注記

    または、.jar ファイルをダブルクリックしてインストールプログラムを起動することもできます。
  3. Next をクリックしてインストールを開始します。
  4. I accept the terms of this license agreement を選択し、Next をクリックします。
  5. インストールパスを調整し、Next をクリックします。

    注記

    インストールパスのフォルダーが存在しない場合はメッセージが表示されます。Ok をクリックしてフォルダーを作成します。
  6. デフォルトの JVM が選択されます。他の JVM を選択するか、そのまま Next をクリックします。
  7. Red Hat JBoss Developer Studio には、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform が含まれます。以前にインストールされた場合は、No を選択します。それ以外の場合は、Yes を選択してインストールし、Red Hat JBoss Developer Studio での使用のために設定します。
  8. インストールの詳細を確認し、Next をクリックします。
  9. インストールが完了したら Next をクリックします。
  10. Red Hat JBoss Developer Studio のデスクトップショートカットを設定し、Next をクリックします。
  11. Done をクリックします。

4.1.4. Red Hat JBoss Developer Studio の起動

Red Hat JBoss Developer Studio を起動するには、インストール中に作成されたデスクトップショートカットをダブルクリックするか、コマンドラインで起動します。このトピックでは、コマンドラインを使用して Red Hat JBoss Developer Studio を使用する方法について説明します。

手順4.1 Red Hat JBoss Developer Studio を起動するコマンド

  1. ターミナルを開き、Red Hat JBoss Developer Studio インストールディレクトリーに移動します。
  2. 次のコマンドを実行して Red Hat JBoss Developer Studio を起動します。
    Linux の場合:
    [localhost]$ ./jbdevstudio
    Microsoft Windows の場合:
    C:\JBDS_INSTALL_DIRECTORY > jbdevstudio.bat

4.1.5. Define New Server を使用した JBoss EAP Server の追加

これらの手順では、Red Hat JBoss Developer Studio を初めて使用し、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform サーバーが追加されていないことを前提とします。また、Define New Server ウィザードを使用して JBoss EAP サーバーを追加します。

手順4.2 サーバーの追加

  1. Servers タブを開きます。Servers タブがない場合は次のようにパネルへ追加します。
    1. WindowShow ViewOther... の順にクリックします。
    2. Servers フォルダーより Server を選択し、OK をクリックします。
  2. No servers are available. Click this link to create a new server... をクリックするか、空白の Server パネル内で右クリックし、NewServer を選択します。
    新しいサーバーの追加 - 使用できるサーバーがない場合

    図4.1 新しいサーバーの追加 - 使用できるサーバーがない場合

  3. JBoss Enterprise Middleware を展開し、JBoss Enterprise Application Platform 6.1+ を選択します。"JBoss Enterprise Application Platform 6.4" などのサーバー名を入力し、Next をクリックして JBoss ランタイムを作成し、サーバーを定義します。次回に新しいサーバーを定義するときに、このダイアログには、新しいランタイム定義とともに Server runtime environment が表示されます。
    新しいサーバーの定義

    図4.2 新しいサーバーの定義

  4. サーバーアダプターを作成して、サーバーの起動と停止を管理します。デフォルト値を保持し、Next をクリックします。
    新しいサーバーアダプターの作成

    図4.3 新しいサーバーアダプターの作成

  5. 名前 ("JBoss EAP 6.4 Runtime" など) を入力します。Home Directory 以下で、Browse をクリックし、JBoss EAP インストールの場所に移動します。次に、Next をクリックします。
    新しいサーバーランタイム環境の追加

    図4.4 新しいサーバーランタイム環境の追加

    注記

    一部のクイックスタートでは、異なるプロファイルまたは追加の引数を使用してサーバーを起動する必要があります。full プロファイルが必要なクイックスタートをデプロイするには、新しいサーバーを定義し、Configuration file として standalone-full.xml を指定する Server Runtime Environment を追加する必要があります。
  6. 新しいサーバーの既存のプロジェクトを設定します。この時点でプロジェクトは存在しないため、Finish をクリックします。
    新しい JBoss サーバーのリソースの変更

    図4.5 新しい JBoss サーバーのリソースの変更

結果

JBoss EAP Runtime Server が Servers タブにリストされます。

サーバーがサーバーリストに表示される

図4.6 サーバーがサーバーリストに表示される


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。