第3章 RPM パッケージから RHEL 7 または RHEL 8 に JBCS Apache HTTP サーバーをインストールする

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) バージョン 7 および 8 では、RPM パッケージからインストールできる Apache HTTP Server のディストリビューションが Red Hat JBoss Core Services (JBCS) により提供されます。JBCS Apache HTTP Server の RPM インストールパッケージは、Red Hat Subscription Management から入手できます。RPM パッケージから Apache HTTP Server をインストールすると、Apache HTTP Server がサービスとしてインストールされます。

重要

JBCS は RHEL バージョン 7 および 8 向けにのみ、Apache HTTP Serverの RPM ディストリビューションを提供します。JBCS は、RHEL 9 向けには Apache HTTP Server の RPM ディストリビューションを提供しません。

RHEL 9 上の RPM パッケージから Apache HTTP Server をインストールする場合は、RHEL の Application Streams 機能を使用する必要があります。詳細は、Application Streams を使用した RHEL 9 への Apache HTTP サーバーのインストール を参照してください。

3.1. RHEL へのサブスクリプションのアタッチ

Apache HTTP Server の RPM パッケージをダウンロードしてインストールする前に、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) にサブスクリプションをアタッチする必要があります。サブスクリプションをアタッチするには、システムを Red Hat Subscription Management に登録し、それぞれのコンテンツ配信ネットワーク (CDN) リポジトリーにサブスクライブします。その後、いくつかの検証手順を実行して、サブスクリプションが必要な CDN リポジトリーを提供していることを確認することができます。

手順

  1. システムを Red Hat Subscription Management に登録するには:

    1. Red Hat Subscription Management Web ページにログインします。
    2. System タブをクリックします。
    3. サブスクリプションを追加するシステムの Name をクリックします。
    4. Details タブから Subscriptions タブに移動してから、Attach Subscriptions をクリックします。
    5. アタッチするサブスクリプションの横にあるチェックボックスをオンにしてから、Attach Subscriptions をクリックします。
  2. お使いのオペレーティングシステムのバージョンに対応した Apache HTTP Server CDN リポジトリーにサブスクライブするには、root ユーザーで次のコマンドを入力します。

    # subscription-manager repos --enable <repository>
    注記

    RHEL 7 を使用している場合は、<repository>jb-coreservices-1-for-rhel-7-server-rpms に置き換えます。

    RHEL 8 を使用している場合は、<repository>jb-coreservices-1-for-rhel-8-x86_64-rpms に置き換えます。

検証

  1. Red Hat サブスクリプション Web ページにログインします。
  2. Subscription Name 列で、選択するサブスクリプションをクリックします。
  3. Products Provided の下では、Red Hat JBoss Core Services が必要です。

インストールされている RHEL バージョンの登録について、詳しくは 関連情報 リンクを参照してください。