1.5. RHEL 8 と RHEL 9 の主な相違点

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 9 で導入された主な変更点の概要を説明します。

Application Streams の機能拡張

RHEL 8 では、Application Streams と呼ばれる機能が導入されました。RHEL は Application Streams を使用して、アプリケーション、ランタイム言語、データベースなどのユーザー空間コンポーネントの複数バージョンを、コアオペレーティングシステムパッケージよりも頻繁に配信および更新します。各 Application Streams はコンポーネントの特定バージョンを表し、Application Streams 内の各コンポーネントには定義されたライフサイクルがあります。ユーザーは Application Streams を使用することで、プラットフォームやデプロイメントの基礎となる安定性に影響を与えることなく、特定のユースケースやワークロードの要件に適したコンポーネントバージョンを使用できる柔軟性を得ることができます。

Red Hat は RHEL 8 で、RPM パッケージ、モジュール (パッケージグループ)、ソフトウェアコレクションの組み合わせとして、Application Streams のコンテンツをパッケージ化しました。RHEL 9 は、標準の dnf install コマンドを使用して RPM パッケージとしてインストールできる初期の Application Stream バージョンを提供することにより、Application Streams 機能をさらに強化しています。

Apache コネクターとロードバランサーの可用性

RHEL 9 は、Web クライアント要求をバックエンドアプリケーションサーバーに負荷分散するための Apache Tomcat コネクター (mod_jk) および JBoss HTTP コネクター (mod_proxy_cluster) のディストリビューションを提供します。mod_jk および mod_proxy_cluster の RHEL ディストリビューションは、これらのモジュールの JBCS ディストリビューションと同じです。

Apache HTTP Server の RHEL 9 ディストリビューションをインストールしても、mod_jk モジュールと mod_proxy_cluster モジュールは自動的にインストールされません。RHEL 9 上の RPM パッケージから mod_jk および mod_proxy_cluster をインストールする方法についての詳細は Apache HTTP Server コネクターおよび負荷分散ガイド を参照してください。