6.4. curl コマンドを使用して HTTP/2 が有効になっていることを確認する

curl コマンドラインツールを使用して、HTTP/2 が有効化されていることを確認できます。

注記

Red Hat Enterprise Linux 7 以前で提供される curl パッケージは、HTTP/2 をサポートしていません。

前提条件

  • HTTP/2 を有効化 している。
  • HTTP2 をサポートするバージョンの curl を使用している。

    HTTP/2 をサポートするバージョンの curl を使用していることを確認するには、次のコマンドを入力します。

    $ curl -V

    このコマンドは、次のタイプの出力を生成します。

    curl 7.55.1 (x86_64-redhat-linux-gnu) ...
    Release-Date: 2017-08-14
    Protocols: dict file ftp ftps gopher http https ...
    Features: AsynchDNS IDN IPv6 Largefile GSS-API Kerberos SPNEGO NTLM NTLM_WB SSL libz TLS-SRP HTTP2 UnixSockets HTTPS-proxy Metalink PSL

手順

  1. HTTP/2 プロトコルが有効であることを確認するには、以下のコマンドを入力します。

    $ curl -I https://<JBCS_httpd_server>:<port>/<test.html>
    注記

    上記の例で、<JBCS_httpd_server>example.com などのサーバーの URI に、そして <test.html> を設定のテストに使用したい任意の HTML ファイルに置き換えます。HTML のテストページのサンプルは提供されていません。ポート番号は設定によって異なります。

検証

  • HTTP/2 プロトコルが有効な場合、curl コマンドは次のような出力をします。

    HTTP/2 200

    そうでなければ、HTTP/2 プロトコルが無効の場合、curl コマンドは次のような出力をします。

    HTTP/1.1 200