第4章 Windows Server に JBCS Apache HTTP サーバーをインストールする

Red Hat カスタマーポータルの ソフトウェアダウンロード ページにあるダウンロード可能なアーカイブファイルから Windows Server に JBCS Apache HTTP サーバーをインストールできます。

4.1. Windows Server での Apache HTTP Server アーカイブファイルのダウンロードと展開

Red Hat カスタマーポータルの ソフトウェアダウンロード ページから、Apache HTTP Server アーカイブファイルをダウンロードできます。ベースとなる JBCS Apache HTTP Server 2.4.57 リリースのアーカイブファイルは、Software Downloads ページの Releases タブからダウンロードできます。最新のサービスパックリリースがある場合は、Software Downloads ページの Security Advisories タブからダウンロードすることもできます。

注記

目的のインストールフォルダーへの書き込みアクセス権を持っている場合は、管理者以外の権限でアーカイブファイルをインストールできます。

手順

  1. ブラウザーを開き、Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページにログインします。
  2. Product ドロップダウンメニューから、Apache HTTP Server を選択します。
  3. Version ドロップダウンメニューから、正しい JBCS バージョンを選択します。
  4. Releases タブで、Red Hat JBoss Core Services Apache HTTP Server 2.4.57 for Windows Server x86_64 ファイルの横にある Download をクリックします。
  5. ダウンロードしたアーカイブファイルをインストールディレクトリーにデプロイメントします。

    注記

    Windows Server システムでは、Apache HTTP Server を C:\Program Files ディレクトリーにインストールします。

    アーカイブファイルを展開すると、Apache HTTP Server の最上位フォルダー jbcs-httpd24-2.4 が自動的に作成されます。このドキュメントでは、jbcs-httpd24-2.4 フォルダーを HTTPD_HOME と呼びます。

  6. 最新のサービスパックリリースがある場合は、次の手順を実行してインストールします。

    1. Software Downloads ページで、Security Advisories タブをクリックします。
    2. Security Advisories タブで、最新の Red Hat JBoss Core Services Apache HTTP Server 2.4.57 Patch X for Windows Server x86_64 ファイルの横にある Download をクリックします。

      注記

      サービスパックのリリースは累積的です。最新のサービスパックリリースをダウンロードすると、以前のサービスパックリリースも自動的にインストールされます。