1.3. 既存の JBCS インストールを 2.4.57 リリースにアップグレードする方法

Red Hat JBoss Core Services (JBCS) 2.4.51 以前をインストールしている場合は、既存の JBCS インストールを最新の 2.4.57 リリースにアップグレードできます。JBCS をアップグレードする手順は、製品をアーカイブファイルと RPM パッケージのどちらからインストールしたかにより異なります。

1.3.1. アーカイブファイルからインストールした既存 JBCS インストールのアップグレード

JBCS Apache HTTP Server 2.4.51 以前をアーカイブファイルからインストールしている場合は、最新の 2.4.57 リリースにアップグレードできます。

アップグレードプロセスには、以下の手順が含まれます。

  1. Apache HTTP Server 2.4.57 のインストール
  2. Apache HTTP Server 2.4.57 の設定
  3. 以前の Apache HTTP Server バージョンの削除

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) を使用している場合は、root ユーザーアクセス権がある。
  • Windows Server を使用している場合は、管理アクセス権がある。
  • アーカイブファイルからインストールした JBCS Apache HTTP Server 2.4.51 以前の既存インストールがある。

手順

  1. Apache HTTP Server 2.4.51 の実行中のインスタンスをすべてシャットダウンします。
  2. Apache HTTP Server 2.4.51 のインストールファイルと設定ファイルをバックアップします。
  3. 現在のシステムのアーカイブファイルインストール方法を使用して、Apache HTTP Server 2.4.57 をインストールします。詳細は、このセクションの最後にある 関連情報 を参照してください。
  4. 設定を Apache HTTP Server バージョン 2.4.51 からバージョン 2.4.57 に移行します。

    注記

    JBCS 設定ファイルは、Apache HTTP Server 2.4.51 リリース以降に変更されている可能性があります。2.4.57 バージョンの設定ファイルは、別のバージョン (Apache HTTP Server 2.4.51 など) の設定ファイルで上書きするのではなく、更新してください。

  5. Apache HTTP Server 2.4.51 ルートディレクトリーを削除します。

1.3.2. RPM パッケージからインストールされた既存 JBCS インストールのアップグレード

RPM パッケージから JBCS Apache HTTP Server 2.4.51 以前をインストールしている場合は、yum groupupdate コマンドを使用して最新の 2.4.57 リリースにアップグレードできます。

前提条件

  • RHEL 7 または RHEL 8 上で RPM パッケージからインストールした JBCS Apache HTTP Server 2.4.51 以前の既存インストールがある。

手順

  • root ユーザーとして以下のコマンドを実行します。

    # yum groupupdate jbcs-httpd24