2.2. コマンドラインからアーカイブのインストールを管理するための Apache HTTP Server 設定

RHEL 上のアーカイブファイルから JBCS Apache HTTP サーバーをインストールすると、コマンドラインから直接 Apache HTTP サーバーを起動および停止できます。コマンドラインから Apache HTTP Server を実行する前に、以下の一連の設定作業を行う必要があります。

2.2.1. Apache ユーザーの作成

コマンドラインから Apache HTTP Server を初めて実行する前に、apache ユーザーアカウントとグループを作成する必要があります。また、ユーザーが Apache HTTP Server を実行できるように、Apache ディレクトリーの所有権を apache ユーザーに割り当てる必要があります。

注記

この手順のすべてのステップを root ユーザーとして実行する必要があります。

手順

  1. コマンドラインで、HTTPD_HOME ディレクトリーに移動します。
  2. 以下のコマンドを実行して apache ユーザーグループを作成します。

    # groupadd -g 48 -r apache
  3. 以下のコマンドを実行して、apache ユーザーグループに apache ユーザーを作成します。

    # /usr/sbin/useradd -c "Apache" -u 48 -g apache -s /sbin/nologin -r apache
  4. 以下のコマンドを実行して、Apache ディレクトリーの所有権を apache ユーザーに割り当てます。

    # chown -R apache:apache *

検証

  • 以下のコマンドを実行して、apache ユーザーがディレクトリーの所有者であることを確認します。

    # ls -l

2.2.2. SSL サポートの無効化または有効化

Apache HTTP Server を実行する前に、SSL 設定ファイルの名前を変更して、SSL サポートを無効または有効にすることを選択できます。Apache HTTP Server は、デフォルトで SSL をサポートします。

手順

  1. HTTPD_HOME/conf.d/ ディレクトリーに移動します。
  2. SSL を有効または無効にするには、次のいずれかの手順を実行します。

    • SSL を無効にするには、ssl.conf の名前を ssl.conf.disabled に変更します。
    • SSL を再度有効にするには、ssl.conf.disabled の名前を ssl.conf に変更します。

2.2.3. Apache HTTP Server のインストール後のスクリプトを実行する

コマンドラインから Apache HTTP Server を初めて実行する前に、Apache HTTP Server のインストール後のスクリプトを実行する必要があります。

手順

  1. コマンドラインで、HTTPD_HOME ディレクトリーに移動します。
  2. 以下のコマンドを入力します。

     ./.postinstall