第6章 JBCS Apache HTTP Server の HTTP/2 を有効化する

Hypertext Transfer Protocols (HTTP) は、インターネットを介して (サーバーやブラウザーなどの) アプリケーション間でデータを送信する標準的な方法です。Apache HTTP Server は、Transport Layer Security (TLS) を使用している暗号化接続のための HTTP/2 の使用をサポートしており、これは有効になっている場合に h2 キーワードで示されます。

HTTP/2 は、以下のような機能強化を提供し、HTTP/1.1 よりも改良されています。

  • ヘッダー圧縮は、送信されるヘッダーのサイズを小さくするために、暗黙的な情報を省略します。
  • 1 つの接続で複数の要求および応答がある場合、テキストフレームではなくバイナリーフレームを使用して応答メッセージを分割します。
注記

Apache HTTP Server は、Transmission Control Protocol (TCP) を使用する暗号化されていない接続に対する HTTP/2 の使用をサポートしません。これは、有効になっている場合、h2c キーワードで示されます。

Multi-Processing Module (MPM) のプリフォーク (modules/mod_mpm_prefork.so) を使用している Web サーバーでは、HTTP/2 を利用することはできません。

6.1. 前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux の root ユーザーアクセス権を持っている。
  • Windows Server で管理者アクセス権を持っている。
  • Red Hat JBoss Core Services Apache HTTP Server 2.4.23 以降がインストールされている。
  • SSL モジュール (modules/mod_ssl.so) がインストールされている。

    SSL モジュールのインストールが必要な場合は、以下のコマンドを入力してください。

    yum install mod_ssl
  • HTTP/2 モジュール (modules/mod_http2.so) をインストールしている。

    HTTP/2 モジュールをインストールする必要がある場合は、以下のコマンドを入力します。

    yum install mod_http2
注記

Red Hat Enterprise Linux 6 はサポートされなくなり、その後ドキュメントから削除されました。