3.2. Mod_proxy_cluster のインストールとアップグレード

Red Hat JBoss Core Services (JBCS) と Red Hat Enterprise Linux (RHEL) は、Apache HTTP Server の個別のディストリビューションを提供します。インストールする Apache HTTP Server ディストリビューションに応じて、mod_proxy_cluster コネクターが自動または手動のどちらでインストールされるか決まります。インストールされている Apache HTTP サーバーのディストリビューションにより、mod_proxy_cluster モジュールと設定ファイルのインストールパスも異なります。

注記

JBCS Apache HTTP サーバーでは、すべてのサポート対象オペレーティングシステムで mod_proxy_cluster の使用がサポートされています。RHEL Apache HTTP Server では、RHEL 9 でのみ mod_proxy_cluster の使用がサポートされています。

3.2.1. JBCS Apache HTTP Server を使用する場合の mod_proxy_cluster のインストール

JBCS インストールの Apache HTTP Server 部分では、mod_proxy_cluster モジュールが自動的にインストールされます。

Red Hat JBoss Core Services Apache HTTP Server インストールガイドの手順に従い、オペレーティングシステム用の最新の JBCS Apache HTTP Server リリースをインストールまたはアップグレードできます。詳細は、関連情報 セクションを参照してください。

JBCS Apache HTTP サーバーを使用する場合は、mod_proxy_cluster のインストールに関する次のガイドラインを考慮してください。

  • mod_proxy_cluster.somod_cluster_slotmem.somod_manager.somod_advertise.so モジュールは、JBCS_HOME/httpd/modules ディレクトリーにインストールされます。
  • mod_proxy_cluster.conf.sample 設定ファイルは、JBCS_HOME/httpd/conf.d ディレクトリーにあります。
  • mod_proxy_cluster.conf.sample ファイルには、mod_proxy_cluster モジュールの LoadModule ディレクティブが含まれています。
注記

JBCS_HOME は、JBCS インストールの最上位ディレクトリー (/opt/jbcs-httpd24-2.4) を表します。

3.2.2. 以前の JBCS リリースからの mod_proxy_cluster のアップグレード

JBCS が 2.4.37 以前のリリースで提供していた mod_cluster-native パッケージは、JBCS 2.4.51 以降では mod_proxy_cluster という名前に変更されました。この変更の一環として、2.4.37 以前のリリースで使用可能だった mod_cluster.conf ファイルも、JBCS 2.4.51 以降では mod_proxy_cluster.conf という名前に変更されます。JBCS は、JBCS をアーカイブファイルと RPM パッケージのどちらからインストールしたかに応じた方法で、既存の mod_proxy_cluster 設定をアップグレードします。

RPM パッケージからインストールした場合の mod_proxy_cluster 設定のアップグレード

アップグレードする既存の JBCS インストールが RHEL 7 または RHEL 8 上の RPM パッケージからインストールされている場合は、次のガイドラインを考慮してください。

  • JBCS 2.4.37 以前からアップグレードする場合、JBCS はアップグレード中に既存の mod_cluster.conf ファイルを保持します。この場合、アップグレードされた JBCS 2.4.57 デプロイメントには、既存の mod_cluster.conf ファイルとデフォルトの mod_proxy_cluster.conf ファイルの両方が含まれます。その後、mod_proxy_cluster.conf を使用するように移行する場合は、セットアップ要件に合わせてデフォルトの mod_proxy_cluster.conf ファイルを手動で更新できます。
  • JBCS 2.4.51 からアップグレードする場合、JBCS はアップグレード中に既存の mod_proxy_cluster.conf ファイルを保持します。この場合、アップグレードされた BCS 2.4.57 デプロイメントには、既存の mod_proxy_cluster.conf ファイルとデフォルトの mod_proxy_cluster.conf.rpmnew ファイルの両方が含まれます。
アーカイブファイルからインストールした場合の mod_proxy_cluster 設定のアップグレード

アーカイブファイルからインストールした既存の JBCS インストールをアップグレードする場合は、次のガイドラインを考慮してください。

  • JBCS 2.4.37 以前からアップグレードする場合は、2.4.57 アーカイブファイルを展開する以外に必要な操作はありません。JBCS 2.4.57 にはデフォルトの mod_cluster.conf ファイルが含まれていないため、製品のアップグレード中も既存の mod_cluster.conf ファイルがそのまま残ります。この場合、アップグレードされた JBCS 2.4.57 デプロイメントには、既存の mod_cluster.conf ファイルとデフォルトの mod_proxy_cluster.conf ファイルの両方が含まれます。その後、mod_proxy_cluster.conf を使用するように移行する場合は、セットアップ要件に合わせてデフォルトの mod_proxy_cluster.conf ファイルを手動で更新できます。
  • JBCS 2.4.51、または JBCS 2.4.57 の既存のリリースからアップグレードする場合は、まず既存の mod_proxy_cluster.conf ファイルを一時的な場所にコピーする必要があります。JBCS 2.4.57 にはデフォルトの mod_proxy_cluster.conf ファイルが含まれており、製品のアップグレード中に既存の mod_proxy_cluster.conf ファイルが自動的に上書きされます。最新の 2.4.57 アーカイブファイルを抽出したら、既存の mod_proxy_cluster.conf ファイルのバックアップを正しい場所にコピーして、デフォルトファイルを上書きできます。

3.2.3. Application Streams を使用する場合の mod_proxy_cluster のインストール

Application Streams を使用して RPM パッケージから Apache HTTP Server の RHEL 9 ディストリビューションをインストールする場合、RHEL は mod_proxy_cluster パッケージを自動的にインストールしません。この状況で mod_proxy_cluster コネクターを使用する場合は、mod_proxy_cluster パッケージを手動でインストールする必要があります。

前提条件

  • Application Streams を使用して、Apache HTTP サーバーを RHEL 9 にインストールている。

手順

  • root ユーザーとして以下のコマンドを実行します。

    # dnf install mod_proxy_cluster

検証

  • mod_proxy_cluster パッケージが正常にインストールされたことを確認するには、次のコマンドを入力します。

    # rpm -q mod_proxy_cluster

    前述のコマンドは、バージョンとプラットフォームの情報を含む、インストールされたパッケージの完全名を出力します。

RHEL Application Streams を使用する場合は、mod_proxy_cluster のインストールに関する次のガイドラインを考慮してください。

  • mod_proxy_cluster.somod_cluster_slotmem.somod_manager.somod_advertise.so モジュールは、/usr/lib64/httpd/modules ディレクトリーにインストールされます。
  • mod_proxy_cluster.conf.sample 設定ファイルは、/etc/httpd/conf.d ディレクトリーにあります。
  • mod_proxy_cluster.conf.sample ファイルには、mod_proxy_cluster モジュールの LoadModule ディレクティブが含まれています。