F.3. MPM パフォーマンス設定

MPM の種類ごとに、MPM のパフォーマンスを最適化するためにさまざまな設定を設定できます。

MPM パフォーマンス設定の種類

MPM パフォーマンス設定では、次のタイプの基準を指定します。

  • 起動時に作成するサーバープロセスの初期数
  • アイドル状態のスレッドまたはサーバープロセスの最小数と最大数
  • リクエストの処理に使用できるスレッドまたはサーバープロセスの最大数
  • 個々のサーバープロセスが処理できるリクエストの最大数
  • 各サーバープロセスが作成するスレッドの数(worker および event MPM のみ)
  • サーバーの存続期間中に開始できるサーバープロセスの最大数の上限 (prefork MPM のみ)

MPM パフォーマンス設定の設定ファイル

JBCS 2.4.51 以降では、mpm.conf ファイルで MPM パフォーマンス設定を設定できます。使用している Apache HTTP Server ディストリビューションにより、mpm.conf ファイルの場所は異なります。

  • JBCS Apache HTTP Server を使用している場合、mpm.conf ファイルは JBCS_HOME/httpd/conf.d ディレクトリーにあります。
  • RHEL Apache HTTP Server を使用している場合、mpm.conf ファイルは /etc/httpd/conf.d ディレクトリーにあります。
重要

JBCS 2.4.37 以前のリリースでは、conf.modules.d/00-mpm.conf ファイルに MPM パフォーマンス設定が含まれていました。JBCS 2.4.57 以降、conf.d/mpm.conf ファイルにはこれらの設定が含まれています。

JBCS 2.4.37 以前からアップグレードする場合は、conf.modules.d/00-mpm.conf で以前に設定したカスタマイズ設定と一致するように、アップグレードした 2.4.57 インストールの conf.d/mpm.conf ファイルを設定してください。そうしないと、アップグレードされた JBCS 2.4.57 インストールで conf.d/mpm.conf ファイルのデフォルト設定が自動的に使用され、予期しないパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

使用可能なパフォーマンス設定および関連するデフォルト値の詳細については、Apache HTTP Server インストール内の conf.d/mpm.conf ファイルを参照してください。