第1章 HTTP コネクター

Red Hat JBoss Core Services (JBCS) には、Apache HTTP Serve が一連のバックエンドサーブレットコンテナーへの HTTP リクエストの負荷分散に使用できる 2 つの異なる HTTP コネクターが含まれています。

  • Apache Tomcat コネクター (mod_jk) は、スティッキーセッションを維持し、Apache JServ Protocol (AJP) を介して通信しながら、一連のサーブレットコンテナーに対する HTTP 要求の負荷分散をサポートします。
  • JBoss HTTP コネクター (mod_proxy_cluster) は、mod_jk よりも高度なロードバランサーです。mod_proxy_cluster コネクターは、mod_jk のすべての機能と、リアルタイムの負荷分散計算、アプリケーションライフサイクル制御、自動プロキシー検出、複数プロトコルサポートなどの追加機能を提供します。

JBCS と Red Hat Enterprise Linux (RHEL) は、Apache HTTP Server を別々に配布しています。Apache HTTP サーバーの JBCS ディストリビューションを使用すると、mod_jkmod_proxy_cluster、または mod_proxy コネクターをプロキシーとして使用してバックエンドアプリケーションサーバーに接続できます。

次のガイドラインを考慮してください。

  • RHEL 7 以降では、Apache HTTP サーバーの JBCS および RHEL ディストリビューションで同じ mod_proxy モジュールが提供されています。
  • RHEL バージョン 7 および 8 では、Apache HTTP サーバーの JBCS ディストリビューションのみで mod_jk および mod_proxy_cluster コネクターが提供されています。
  • RHEL 9 以降では、Apache HTTP Server の JBCS および RHEL ディストリビューションで mod_jk コネクターと mod_proxy_cluster コネクターの同一コピーが提供されています。
  • groupinstall オプションを使用してアーカイブファイルまたは RPM パッケージから Apache HTTP サーバーの JBCS ディストリビューションをインストールすると、mod_jk コネクターと mod_proxy_cluster コネクターも自動的にインストールされます。
  • Apache HTTP サーバーの RHEL 9 ディストリビューションをインストールしても、mod_jk コネクターと mod_proxy_cluster コネクターは自動的にインストールされません。この状況では、RHEL Application Streams を使用して、適切な mod_jk または mod_proxy_cluster パッケージを手動でインストールできます。詳細は、Mod_jk のインストール および Mod_proxy_cluster のインストールとアップグレード を参照してください。

Apache HTTP サーバーコネクターおよび負荷分散ガイドでは、JBCS が提供する mod_jk および mod_proxy_cluster コネクターをインストールして設定する方法について説明しています。このガイドには mod_proxy_cluster を使用した負荷分散 の基本的な実践例も含まれています。

重要

このガイドで示されるファイルおよびディレクトリーパスのほとんどは、Red Hat Enterprise Linux 上にある JBoss Core Services のアーカイブインストールに使用します。他のプラットフォームは、Red Hat JBoss Core Services Apache HTTP Server インストールガイド の説明に従い、それぞれのインストールに適切なパスを使用してください。