Menu Close

第2章 Red Hat Integration コンポーネントの Operator のインストール

Red Hat Integration の Operator は、OpenShift Container Platform での Red Hat Integration コンポーネントのデプロイメントおよび管理を自動化します。Red Hat Integration Operator を使用して Operator をインストールおよびアップグレードします。Red Hat Integration Operator は、各 Operator の現行バージョンをインストールし、新規のバージョンが利用可能になると自動更新を実行します。

2.1. インテグレーション Operator のインストール

Red Hat Integration Operator が Openshift Container Platform クラスターにインストールされると、Installation と呼ばれる CRD (カスタムリソース定義、Custom Resource Definition) が提供されます。CRD は、Red Hat Integration コンポーネントの Operator のインストールをトリガーします。

Operator をインストールするために Installation CRD のインスタンスを作成します。

インストールに利用できる Operator:

  • 3scale
  • 3scale APIcast
  • AMQ Broker
  • AMQ Interconnect
  • AMQ Streams
  • API Designer
  • Camel K
  • Fuse Console
  • Fuse Online
  • Service Registry

手順

  1. Installed Operators に移動し、Red Hat Integration をクリックして Operator Details ページを表示します。
  2. Provided APIs から、Installation リソースの Create Instance をクリックします。

    インストールで利用可能な Red Hat Integration Operator の完全セットが、Create Installation ページに表示されます。

    デフォルトでは、すべての Operator のインストールが有効になっています。Operator がインストールされるデフォルトのインストールモードおよび namespace は Operator によって異なります。Operator は namespace を作成します。namespace が指定されていない場合、openshift-operators namespace がクラスター全体のインストールに使用されます。

    各 Operator の設定は、Installation カスタムリソースの spec プロパティーにカプセル化されます。

    表2.1 Red Hat Integration コンポーネントのデフォルトの Operator インストールモード

    Operator 名CRD 仕様プロパティーデフォルトのインストールモードデフォルトの namespace

    3scale

    3scale-installation

    namespace

    rhi-3scale

    3scale APIcast

    3scale-apicast-installation

    namespace

    rhi-3scale-apicast

    AMQ Broker

    amq-broker-installation

    namespace

    rhi-amq-broker

    AMQ Interconnect

    amq-interconnect-installation

    namespace

    rhi-amq-interconnect

    AMQ Streams

    amq-streams-installation

    cluster

    openshift-operators

    Camel K

    camel-k-installation

    cluster

    openshift-operators

    (Fuse) API Designer

    api-designer-installation

    namespace

    rhi-api-designer

    Fuse Console

    fuse-console-installation

    namespace

    rhi-fuse-console

    Fuse Online

    fuse-online-installation

    namespace

    rhi-fuse-online

    Service Registry

    service-registry-installation

    namespace

    rhi-service-registry

  3. 任意設定: インストールを実行する前に、form または YAML ビューからインストールの指定内容を設定します。

    以下を設定できます。

    • インストールからの Operator を含めるまたは除外できます。
    • Operator に指定された namespace 名を変更できます。
    • camel-k-installation および amq-streams-installation Operator を namespace モードに切り替えることができます。この場合、namespace も指定する必要があります。

      Installation CRD の設定例

      # …
      kind: Installation
      spec
        3scale-apicast-installation:
          enabled: false 1
          mode: namespace
          namespace: rhi-3scale-apicast
        amq-streams-installation:
          enabled: true
          mode: namespace 2
          namespace: rhi-streams 3

      1
      Operator の enabled プロパティーを false に設定し、コンポーネントを使用する予定がない場合に Operator をインストールから除外します。
      2
      インストールモードを cluster から namespace に設定して、インストールを特定の名前空間に指定します。
      3
      インストール先の namespace 名を追加または変更します。
  4. Create をクリックし、有効な Operator のインストールを開始します。

    状態が Succeeded に変わるまで待ちます。

  5. rhi-installation をクリックし、有効なすべての Operator がインストールされたことを確認します。
  6. Installed Operators に移動し、インストールされた Operator、デプロイ先の namespace、およびバージョンのリストを確認します。

その他のリソース

Red Hat Integration コンポーネントで提供される Operator の詳細は、以下を参照してください。

2.2. インテグレーション Operator のアップグレード

Red Hat Integration Operator をアップグレードすると、インストールされた Red Hat Integration コンポーネントの Operator もアップグレードされます。

Integration Operator によってインストールされた Operator のアップグレード承認ストラテジーは、デフォルトで automatic に設定されます。現在の更新チャネルに新しいバージョンの Red Hat Integration Operator がデプロイされると、各 Operator に適用可能な最新バージョンが使用されるように、インストールされた Operator がアップグレードされます。Red Hat Integration Operator の承認ストラテジーを manual に変更できますが、Red Hat Integration Operator によってインストールされる Operator のストラテジーは常に自動になります。

メジャーリリースなどで更新チャネルが変更された場合は、Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用して Red Hat Integration Operator のチャネル名を変更します。インストールされた Operator のデフォルトの更新チャネルを変更することもできます。

サブスクリプションの更新チャネルは Operator 間で異なる可能性がありますが、通常は標準の命名規則に従います。

  • stable チャネル (デフォルト) には最新の更新とリリースがすべて含まれます。これには、十分なテストを行った上、安定していることが想定される、メジャー、マイナー、およびマイクロリリースが含まれます。
  • X.x チャネルには、メジャーリリースのマイナーリリースの更新およびマイクロリリースの更新が含まれます。X は、メジャーリリースのバージョン番号に置き換えられます。
  • X.Y.x チャネルには、マイナーリリースのマイクロリリースの更新が含まれます。X はメジャーリリースのバージョン番号、Y はマイナーリリースのバージョン番号に置き換えられます。
注記

OpenShift Container Platform のサポートされるバージョンに対応する Operator の更新チャネルを選択するようにしてください。たとえば、サポートされていないバージョンの OpenShift Container Platform を使用している場合は、特に自動更新が有効な状態で stable チャネルから Operator をインストールすることは 安全ではありません。これは、クラスターが OpenShift Container Platform リリースでサポートされない新規コンポーネントを自動更新で受け取るためです。

チャネルの更新に従うと、選択したアップグレードストラテジーに応じて、以下のいずれかが行われます。

  • 自動アップグレードが開始されます。
  • 手動アップグレードを利用できます。この場合、インストールを開始する前に承認が必要です。

その他のリソース

改訂日時: 2021-06-03 04:44:30 UTC